上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 江東区の税理士ふくやまです。

 早いもので所得税の確定申告が終了してから10日間が過ぎようとしています。

 例年のことですが...

 この時期は虚脱感に包まれて仕事の能率が悪化いたします(汗)

 確定申告は終わったものの、これからは3月決算法人への対応で業務量はまだまだパンパン状態で、気を緩めるワケにはいかないんですけどね(滝汗)

 で...

 法人の決算となると既契約の生命保険なども見直すタイミングとなります。

 生命保険には万が一の際の保障という目的に加えて資金の運用という目的もあります。

 特に法人契約の場合は個人契約に比べて税制上の取扱いが複雑な分、保険商品によって資金運用によって得られる効果が異なることになり、画一的に「こういう保険だと税金が○○円で運用益は○○円~」とは言えません(汗)

 例えば...

 赤字決算の会社は節税効果のある保険に加入しても当たり前ではありますが税金は安くはなりません...

 つまりは節税効果を含めて運用を見込んでいれば節税効果分は運用ロスとなってしまうということです(滝汗)

 もちろん生命保険の本分である万が一の際の保障というところを考えれば単純に運用(返戻率)にこだわりすぎるのもアレではあります。

 重要なことは...

 決算のタイミングで会社の財務状況をしっかり把握することと、中長期的な資金繰りの見通しを立てるということです。

 そして、最適な保険商品を選ぶということです。

 問題なのは...

 会社の財務状況を確実に把握できるのは経営者と顧問税理士だけだというところ...

 したがいまして...

 法人契約の生命保険はどうしても顧問税理士と相談する必要があるということです。

 とはいうものの...

 世の中にはイロイロな考えの税理士がいます。

 当然ですが生命保険に興味・関心のない税理士もたくさんいますし、ウチの事務所のように生命保険の提案も税理士の重要な業務領域だと考える税理士もいます。

 会社の社長さんにも生命保険と聞くだけで拒絶反応を示すこともあれば熱心に生命保険について検討する社長さんもいます。

 こういった話は絶対的な正解はないのですが...

 私は法人契約の生命保険は決算のタイミングでしっかりと見直すべきだと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。



 
スポンサーサイト
 江東区の税理士ふくやまです。

 今年の5月に開業以来営んできました生命保険代理店事業を廃業したのですが...

 半年ぶりに保険代理店業務を再開することにいたしました。

 今までは税理士事務所らしからぬ「がん保険」などの個人向け商品を中心に生命保険をお勧めしてきたとことですが、これからは法人契約による事業者向けの生命保険を中心に顧問先企業に限って生命保険を提案していくことにしています。

 とはいうものの...

 保険代理店業務は利益追及というよりは税理士業務の付加価値的位置づけと考えておりますので必要なお客さんにのみ、適時適格な保険提案を心がけていきたいと思っています。

 ここだけの話...

 もともとは税理士事務所開業前に保険代理店を開業していますのでウチの事務所の開業届や青色申請の業種欄は「生保代理店」だったりします(汗)

 つまり設計から契約の保全業務まで全て税理士ふくやまが対応する普通の保険代理店だったワケです。

 それだけに生命保険には少なからず知識もありますし思い入れもあったりするのですが...

 これからはいわゆる「税理士代理店」として生命保険会社の社員さんのサポートを大々的に受けながらの活動になります。

 個人的には全て自分で対応したいところですが、事務所の業務量などを考えるとやむを得ないのかなぁと...

 顧問税理士に本来求められている深度ある財務分析や税務面の効果をしっかりと提供していきたいと思っています。

 顧問先にとって最適な保険提案は顧問税理士にしかできないと真剣に思っていますので。

 と...

 気合いを入れたフリをしつつ...

 まったりとマイペースで頑張っていきたいと思っています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は地味~に生命保険代理店も兼業しているので必要に応じて税務顧問先のお客さんに生命保険の提案をすることがあります。

 ちなみにウチの事務所が代理店を受託しているのはアヒルマークの生命保険だけですから、今日のタイトルのような法人契約の生命保険といっても事業保険のような保険商品があまりありません(汗)

 それはさておき...

 法人契約で生命保険に加入というのはある程度の規模で事業を行っている場合にはやはり検討くらいは必ずしたほうが良いと思われますので、そういった意味で法人契約の生命保険の基礎的なことを考えてみたいと思います。

 あくまでも主観的な意見ですから話半分で「ふ~ん...」程度に思っていただければ(笑)

 そもそも生命保険というのは生命(に対する危険)に対して経済的な備えをすることが本来の目的です。

 個人で生命保険に加入する場合にも「お父さんに万が一のことがあった場合に子供さんを無事に育て上げられるだけの経済的な保障が必要~」とか「がんに罹患してしまった際の医療費の負担に備える~」というような根本的な心配ごとに対する保障を求めるというのが一般的です。

 これは経済的な保障ですから極論をいえば貯金が1億円あるような方にはあまり必要がない...

 法人の場合でも基本的には個人と同様に経営者に万が一のことがあった場合の経済的な備えであるという点は同じですから、法人の流動性資産が他人資本(借入金)や流動性負債(買掛金や未払金など)や未到来債務(将来発生する人件費などの経営コスト)を上回っていれば極論ですが保障は必要ない...

 もっともそれなりの規模の会社では上記にようなケースはあまりありませんから、やはり保障額の多寡は別にして法人として経営者に生命保険を掛けるという検討は必要になることが多いということになります。

 で...

 ここからが個人契約と法人契約で大きな違いになります。

 個人で契約する生命保険は税務上、生命保険料控除の対象となりますが、言ってみればその程度です。

 一方、法人で契約する生命保険は保険料が会社の経費(商品によって全額~一定割合のみ経費になるものなどイロイロあります)になる場合があります。

 保険料が経費になるということは法人税等がお安くなるということですから、個人で生命保険に加入するより法人で生命保険に加入したほうが節税効果があるということは一般論において本当のことだと思います。

 この仕組みを活用して返戻金が生じる保険商品を資産運用(節税しながら貯蓄)の手段とする提案が保険会社からあったりするワケです。

 しかしながら、世の中おいしい話ばかりではなく、経費として計上した保険料がなんらかの理由(中途解約など)で返戻金となるとそこで課税されてしまったりしますので、根本的な部分ではこの貯蓄部分というのは税金が安くなるというより納税する時期を遅らせる(コントロールする)ということだったりします。

 納税の時期をコントロールすることができれば上手にやれば本当に節税になることもあります。

 ただし、この節税しながら貯蓄をするという方法は課税当局としてはあまり好ましいことではないようで、年々制度改正により節税方法の選択肢が少なくなってきています。

 では、法人契約の生命保険は個人契約に比べて優位性がないのか?

 やはり法人契約の生命保険は個人契約に比べると優位性があると思います。

 生命保険契約には法人だけが契約できるような商品がありそういった商品は一般的に保険料の一定割合を経費とすることができ解約時にそれなりの返戻金があるようなものだったりします。

 これらの商品を売り込む宣伝文句が「節税しながら貯蓄~」だったりするのですが、個人的にはそういう点にはあまり魅力を感じません。

 でも、そういう商品は保険料の一定割合を経費にすることができますから単純に保障をお安く手に入れるという意味ではとても有益であることが多かったりします。

 法人が必要な保障額というのは往々にして高額です。

 その保障を上手な保険契約をすることでミニマムなコストで手に入れることが可能なのが法人契約の生命保険の大きな魅力だと思っています。

 商品の選択や契約をしっかり検討すれば節税効果はともかくとして一定期間の保障を実質的な保険料負担をゼロ近くで手に入れられることもあります(条件によりますが...)

 具体的な検討はお付き合いのある保険代理店に相談されるべきことですが、保険代理店では税理士法の制約で税務面の検討(助言)はできません。

 したがって、保険代理店に相談するとともに顧問税理士にも相談するというのがやはり理想的ということです。

 ウチの事務所のような税理士兼保険代理店の場合はアレですけど...

 最近は本業が多忙で保険代理店活動もほとんどできない状態ですがお客さんから問い合わせが皆無でもないので、やはりお客さんの利益を考えると保険代理店は辞められなかったりします(汗)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 12月は年末調整で全てのお客さんを訪問しているのですが...

 年末調整の際には生命保険料控除証明書をチェックするのですが、ついでにお客さんと生命保険のお話しをする機会も増えてきます。

 そんなこんなでですね...

 経営者だけではなく社員さんからも生命保険のご相談をいただいりします。

 ウチの事務所は顧問先以外への生命保険の提案は行っていませんので、保険の提案をする機会というのも年に数回だったりします。

 ただし、提案件数が少なくても契約をいただく件数はほとんど(提案=契約)だったりしますので...

 ちなみに、税理士事務所が提案する生命保険というと事業補償保険のような高額な保障と保険料で節税機能なども満載というようなものをイメージされそうですが...

 ウチの事務所が提案するのは普通の終身保険であったり医療保険やがん保険だったりと個人向けの生命保険です。

 生命保険は同じ商品であればどこで契約しても保険料は同じですから特にウチの事務所で契約してもお得感はないのですが...

 定期的に訪問する税理士事務所だけにテキトーな提案はできませんし、給付金などの手続もスピーディに対応できたりするところがウリなのかと。

 ちなみにウチの事務所の収入構造で保険代理店報酬というのは収入の2%程度だったりします。

 もちろん保険代理店収入は貴重な収入源ではありますが...

 それよりも顧問先であるお客さんの利益に叶うことが第一かなと思っていたりします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。



 
 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は生命保険の代理店でもありますので、お問い合わせをいただけば大喜びで生命保険の提案をさせていただいております。

 とはいうもののがん保険や医療保険が主力商品のアヒル印の代理店ですから、法人向けの節税や資産形成目的の保険というよりは本当に保障目的(ライフマネジメント上のリスク対策)を中心としたなんとも税理士らしくない保険提案をさせていただいております。

 もっとも法人での生命保険の活用というのは一種の悟りの境地に達するようなところがあるので、俗人の私にはどうしても心の底からおすすめできるようなシチェーションにならなかったりするので、今になって思えばアヒル印の代理店でよかったと思っていたりします。

 で...

 ウチの事務所のお客さんは原則として経営者ですし、働き盛りの男性が中心ということになります(もちろん美人社長さんもたくさんいらっしゃいます...)。

 男性経営者というのはですね...

 ちょっとやそっとの病気では医者に行かない⇒入院しない⇒医療保険は必要ない...

 入院するようなケースを想定しても「がん」や「心筋梗塞」や「脳卒中」のようないわゆる三大疾病になったりします。

 こういった病気の場合はがん保険や三大疾病保障のような専用商品でカバーできるので、ウチの事務所が医療保険をおすすめするということは滅多にありません(汗)

 ただし、これはウチの事務所の客層が特殊だからでして(滝汗)

 女性、特にお若い方ほど医療保険の加入を検討する価値があると個人的には思っています。 

 そもそも女性は男性より入院する確率が高い(約1.3倍)といわれていますし、病気ではありませんが出産という大きなイベントがあります。

 出産は病気ではありませんが、医療保険の対象になることもあります。

 また、女性特有の病気というのは年齢に関係なく(若い方もそれなりの確率で)り患する傾向があります。

 しかしですね...

 がん保険と医療保険をフルスペックで加入すると保険料がそれなりの金額になるところは考えどころになります。

 がん保険は診断給付金と入院・通院給付金(アヒルのがん保険は日数無制限~)のみにしてその他は医療保険でカバーするというような工夫が必要になります。

 ここで注目したいのが医療保険の特約です。

 これまたウチの事務所のお客さんにはあまり特約付加はおすすめしないのですが(汗)

 医療保険の特約は年齢による特約保険料の上昇も主契約より緩い曲線だったりと結構深いものがあります。

 特約の内容と保険料をよく確認して納得できる保障プランを作りたいものです。

 特約といえば小さなお子さんも医療保険を検討する価値は大きいものがあります。

 医療保険にケガの特約(これはアヒル印にしかないかもしれません...)を付加するとケガの場合は入院しなくても給付金が支払われます。

 アヒル印の場合、医療保険は0歳から加入できるのですが、これにけがの特約を付加すると...

 なかなかウチのお客さんに医療保険を提案する機会に恵まれないのですが、医療保険はなかなか奥が深いと思います。

 

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。