上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 所得税や法人税などの直接税は税を負担する者が申告・納税を行います。

 したがって税額に誤りがあり追徴課税されたとしても本来の負担する税額を負担しただけということになります(附帯税は余計な負担になりますが...)。

 一方で消費税や酒税などの間接税は税を負担する者と申告・納税する者が異なります。

 したがって税額に誤りがあり追徴課税されるようなことになると間接税という特性上、本来税を負担する者が正しく税を負担できないという問題が生じます。

 例えば酒税の場合...

 酒造メーカーが商品代金に酒税分を加えて販売価格とすることで間接的に最終消費者が酒税を負担することになりますから、税務調査等で酒税の計算に誤りがあったとしても差額分を回収する方法が事実上ありません(汗)

 つまりは本来は税を負担する必要がない酒造メーカーが税を負担することになるということです(滝汗)

 間接税のメリットは税負担を広く求めても申告・納税する者の数が少なく済むというところです。

 納税する者が少ない(特定の企業)ということは滞納リスクも少ないですしね...

 しかし、間接税は税を負担する者に商品価格という形で転嫁しなければなりません。

 後から「スミマセン~税金の計算を誤ったので商品を買った人に1点当たり○○円を請求させてください~」などということができるワケがありません(汗)

 もちろん納税する酒税は経費ですから所得金額は少なくなり法人税等の納税額は減少するのですが...

 上場企業の場合はそういうこと自体がとってもアレなことになります(滝汗)

 課税庁としても「武士の情けで...」というワケにはいきませんから正しい税額を納税していただくことになるのでしょうけど...

 酒税おそるべし... 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


スポンサーサイト

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。