上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 江東区の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は零細ぽっち事務所だったりするのですが...

 お客さんは全国に展開されていたりしてですね...

 秋から春にかけてはなかなか地方のお客さんを訪問することができないのですが、7月から8月にかけては東北から九州まで毎週のように巡業することにしています。

 ということで...

 先週の訪問先は九州は熊本~

 片道700キロまでは自動車移動を基本としている税理士ふくやまもさすがに熊本は飛行機移動です。

 熊本といえば...

 震度7の大震災に見舞われたばかりです。

 お客さんからは震災の影響は限定的で日常生活に大きな不自由はないと連絡は受けていましたが、「実際のところはどうなんだろう?」という気持ちで熊本へ向かいました。

 確かに熊本市内の繁華街などは以前と変わらぬ賑わいだったりしていましたし、市内(繁華街)は崩れた建物などは皆無で、一見すると復興のペースは速いように感じました。

 しかしですね...

 一見、綺麗に見える建物(商店街のテナントビルなど)でも「震災の影響で○○へ移転します」とか「震災の影響で閉店しました」というような貼り紙とともに閉まったシャッターが散見したり...

 熊本駅の駅ビルもまだ一部は閉鎖されたままですし...

 熊本空港にいたっては建物内の飲食店はいまでに全店閉鎖中です。

 空港のタクシー乗り場前の軒先にオープンカフェ(のような)簡易的な飲食店が営業しており飲食はそこだけ...

 まだまだ復興半ばというのが1日滞在すれば十分に感じることができます。

 ちなみに...

 前週は北関東、その前週は東北へ巡業していますが...

 東日本大震災の被災地(特に福島県浜通り)は本当に復興が進んでいません。

 もう5年も経っているのに...

 それにはやはり原因があるワケで...

 つまりは東北と熊本の大きな違いは原発と津波の有無です。

 それを考えると原発というのはひとたび事故が発生すると取り返しがつかないことになるということを実感させられます。

 日本は災害の多い国です。

 天災を完全に防ぐことなんてできません。

 それだけに天災が襲ってきた際にいかに被害を最小限に留めるのかというのが、市民目線では最優先なのかもしれません。

 日ごろは都内近郊から離れることが少ないので、地方の状況に鈍感になってしまうのですが...

 地方に出向いてみると感じることがたくさんあるものですね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

スポンサーサイト
 江東区の税理士ふくやまです。

 ブログの更新をサボりにサボって32日間の無更新となってしまいました(汗)

 で...

 1か月以上ブログを更新しないとブログ画面に広告が表示されてしまうんですね(滝汗)

 ブログというのは毎日書いていると習慣化してしまうので、更新するにが全く苦にならないといいますか楽しい日課となるのですが...

 理由の如何を問わず更新を怠るようになるとですね...

 とたんに楽しかったブログ更新が苦行になってしまいます...

 苦行はアレですので...

 ついついモチベーションが上がらずに1か月が過ぎてしまったという次第です...

 確かにこの1か月間はイロイロな意味で大変でした。

 上旬は初体験の痛風で悶絶する日々が続きましたし...

 納期の特例分源泉所得税の計算、社会保険算定基礎届用資料作成、労働保険の申告用資料作成なども前年と比べ物にならない量を処理しなければなりませんでしたし(汗)

 4月決算法人もそこそこの数がありましたしね...

 さて...

 月が替わって7月になりました。

 気分も一新して新しい営業車が納車されました。

 今までは大型ミニバンを贅沢にも1人乗車で毎月2~3000キロほど走っていたのですが...

 初回車検までまだ6か月もあるというのに走行距離が6万キロを超えてしまいました(汗)

 そこそこお値段のする車なので事業専用にするのはもったいないということで、新たにクリーンディーゼルのコンパクトカーを調達しました。

 久しぶりのマニュアルシフトです(笑)

 納車2日で既に300キロほど走りましたが(もちろんお仕事です...)マニュアルシフトは運転が楽しいですし高速道路中心の走行だと1リットルの軽油で30キロ以上走れる燃費の良さに驚いています。

 来週は新潟、群馬、青森と1週間で約2500キロほど走る予定ですから慣らし運転もそれで完了です。

 一応は税理士事務所にとって閑散期といわれている7~8月で停滞している仕事を整理していきたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

 江東区の税理士ふくやまです。

 先週から左足の甲がなにやらジンジンと痛くなり...

 土日にはまったく歩けなくなるほどになってしまいました(汗)

 幸いなことに土曜日はお客さん1社のみの訪問で日曜日は営業車の試乗&契約とスケジュールがスカスカだったので事なきを得ましたが...

 特に足をひねったりしたような覚えもないので原因はなにかと不思議に思ったので...

 今日の朝イチで整形外科を受診したところ...

 痛風(滝汗)

 はい...

 若い頃から尿酸値は高かったのですが今まで痛風の発作に見舞われたことはありませんでした。

 私は高尿酸だけど痛風には縁のない男~と根拠のない自信があったのですが、脆くもその自信は崩れ去りました(涙)

 しかしですね...

 痛風の発作というのはある日突然「ガツーン!」と襲ってくるものと想像していたのですが...

 実際にはジンワリジワジワと痛みが増してくるものなんですね(汗)

 これからは今まで以上に体調管理に気を付けなければいかません...

 50歳で痛風デビューです(涙)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

 江東区の税理士ふくやまです。

 私、現在50歳ちょうど...

 超高齢化業界である税理士業界ではやっと若手税理士を卒業して中堅税理士の仲間入りといったところでしょうか...

 自分が20代の頃は50歳といえば親の世代で完全に初老(汗)というイメージでしたし、実際のビジュアルもそのとおりだったと思います。

 いえ...

 自分が若々しいイケてる50歳だと自慢しているワケではありません(滝汗)

 昨年あたりから50歳の節目ということで同窓会やクラス会のような集まりが頻繁に催されるようになりました。

 皆さん若々しくて白髪なんてまったくないし女性陣などはお肌もツヤツヤ(汗)

 もちろん、白髪染めや高級化粧品やエステなどのおかげだと思うのですが...

 いずれにしても本当に50歳には見えませんでした(滝汗)

 でも...

 なんで50歳が節目なのでしょうか?

 50歳が人生の節目って100歳まで寿命があることを前提にしているような感もありますよね(笑)

 さて...

 私が20代の頃(30年前)は50代で定年というような企業もあったと思いますし、定年後はほとんどのサラリーマンが完全リタイアしていたような気がします。

 そもそも30年前は60歳以上の求人なんて皆無でしたし...

 今や企業の定年も65歳になりつつありますし、60歳定年の企業でも多くが再雇用制度を設けて相当数のサラリーマンが定年後も企業に残り働いているようです。

 就労人口が右肩下がりの日本では60歳以上も重要な戦力なんですね。

 そう考えるとですね...

 確かに現代の50歳はあと20年近くは現役で働くことになるのでしょうか...

 現役でバリバリ働いていることが若さの秘訣かどうかは実際のところ良くわからないのですが...

 これからは人生の相当終盤戦まで現役で働くことができそうですし、実際に経済的にも働かなかなければならないようになることは間違いなさそうです。

 人生の中で現役期間が長いことが本当に幸福なことなのかはわかりませんが...

 これからは50~60代の起業も増えてくるんでしょうね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。



 
 江東区の税理士ふくやまです。

 税理士の仕事というのは申告書の作成など成果物を納品するような領域と事象に対する説明を行うような領域があったりします。

 ややこしい税金の話を詳細に説明するというのは本当に難しいことで...

 税法特有の専門用語などを使った日には...

 素人さんにはこちらの意図はまったく伝わらないというようなことになりかねません(汗)

 したがって...

 お客さんに対しては極力専門用語を使わずに説明するように心がけることになるのですが...

 専門用語というのは良くできたものでして...

 イロイロな要素が複雑に混ざり合ったようなモノをたった一言で言い表していたりします。

 これを使わないとイロイロな要素を個々に説明していかないといけなくなります(汗)

 そのイロイロな要素の説明もこれまた専門用語を使うと一発で言い表せるのですが...

 この循環に陥るとたった一言の専門用語で言い表せることが専門用語を使わないことでとてつもなく長い説明となってしまったりします(滝汗)

 詳細かつ正確に説明するためには必要なことですが、何事もバランスというのが大切で...

 必ずしも専門家が考える詳細かつ正確な説明が必要なのかどうか?

 求められる説明レベルを見極めてシンプルに説明する感覚も求められると思っています。

 で...

 最近強く思うのはですね...

 難しいことを簡単に説明することと同じくらい簡単なことを易しく言うことは重要ということだったりします。

 簡単な説明を微妙に専門用語を織り交ぜて敢えて難しく言うようなアレです...

 ご本人にとっては詳細かつ正確な説明のために必要なコトだと思っているのでしょうが...

 でも...

 不思議に思うのは...

 簡単なことを難しく言う人って意外に専門家のようでモノの本質を理解していないことが多いような気がするところ...

 簡単なことも難しいことも易しくシンプルに説明したいものですね~

 と...

 自分のことも戒めてみたりする月曜日の朝です。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。