上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 今日は大晦日ですから、私もこの1年を振り返ってみます。

 なんといっても今年一番のニュースは20年以上勤めた公務員を辞職して税理士事務所を開業したことですね。

 家族・親戚一同の心配をよそに自営業ライフをばく進しています(笑)

 2番目は生命保険の代理店を始めたことでしょうか。

 今まで、生命保険の営業というと契約もらうまで帰りません(爆)とかですね、とにかく人付き合いの中心が保険営業になってしまうイメージがあったのですが(本当はそうでなければいけないのでしょうが...)、私の場合、営業しないので(汗)お客さんの方から心配して「保険の相談していいかな~」と言われる始末です(滝汗)
 でも、勉強すると保険の世界は奥が深いことがよくわかりました(ここがニュースですね)。

 保険代理店といっても、特にノルマがあるような仕事ではないので、法人会会員企業さんをはじめ、必要な方にだけそ~とお話しさせていただいています。 

 3番目は人のお付き合いの幅がたいへん広がったことでしょうか。

 公務員はどうしても利害関係人との接触を避けるために身内(同じ職場)中心の人付き合いになりがちなんですね。晴れて自由業の身になったとたんに、キャンプやスキーなどの趣味の世界や仕事のお付き合いなど、本当にお付き合いの幅が広がりました。
 40歳過ぎて人生が楽しくなってきました(笑)

 現在、ホームページにブログを2本、twitterと様々なチャネルで情報発信させていただいていますが、こういった活動で少しでも多くのみなさんのお役に立ちたいなと真剣に思っています。

 年末にドタバタと開業したものですから、あっというまの大晦日というのが実感だったりします。

 年が明けるとすぐに確定申告です。

 気合入れていかないといけませんね!

 では、良い年をお迎えください m(_ _)m

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
ランキング参加中です!応援のポチッ!とお願いします。
スポンサーサイト
 千葉市の税理士ふくやまです。

 なにもやましいことがなくても税務調査は憂鬱なイベントですね...

 税務調査への対応で平日の数日間、身柄が確保されてしまいますし、場合によっては追徴税額が発生することもありますし...

 納税者心理としては、どうして税務調査の対象に選ばれたのかとても気になりますよね。

 もちろん、税務署の調査官殿に「どうしてウチに調査に来たの?」と聞いてもまともな回答は得られません。

 税務調査の対象となるのは個人なら100分1以下の確立でしょうから万馬券に当たったような確立なわけですね。

 でも、調査官殿に理由を聞かなくても直近5期分位の決算書や申告書を眺めてみると思い当たることがあるのではないでしょうか。

 万が一税務調査を受けることになってしまったら、なぜ、調査対象に選ばれたのかを推測することはとても重要だと思うんです。

 それによって事前に対策を講じることも可能かもしれませんし。

 もっとも、税理士たるもの毎月の監査資料から「調査に選ばれないように」という視点で話せるようでないといけませんね(汗)。

 税務調査に選ばれるということは普通ではないデータが必ずあるはずですから、そういった観点で経営を眺めることは税務調査云々はともかく経営にプラスになると思います。 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
応援のポチッ!とお願いします。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 本日で当事務所も仕事納めとなります。

 個人事業者の方は12月31日が決算日ですから年末の忙しい中、実地棚卸(してくださいね(汗))にも精をだされているのではないでしょうか。

 棚卸資産の評価・計上は決算上所得金額にモロに影響しますから、適当にやってしまうと後で税務調査などで後悔することになりますから注意してくださいね。

 実は棚卸資産といっても種々あります、税務会計の観点から棚卸資産といいますと概ね以下のようなものがあります。

・商品、製品、半製品
・未成工事、未成工事支出
・原材料、仕掛品
・貯蔵中の消耗品
 そして、大事なのは評価法です。

 個人事業者の場合は「最終仕入原価法という評価方法が法定評価方法になります。特に届出をしていない場合は最終仕入原価法で評価してくださいね。

 最終仕入原価法とは簡単に説明しますと最後に仕入れた価額で棚卸資産のすべてを評価する方法です。

 たとえば期首在庫が0個の商品を1月に100円で20個商品を仕入れ、7月に110円で5個仕入れ、12月に120円で5個仕入れたとします。

 期中に売れたのは20個だとすると期末の在庫は10個になりますね。

 棚卸資産の評価は在庫10個×120円(最後に仕入れた価額)で1200円になります。

 期末の棚卸資産の評価を誤って過大に計上すると売上原価が低くなるので利益(所得)は実際より高く計上されてしまします。

 反対に期末の棚卸資産の評価を誤って過少に計上すると売上原価が高くなるので利益(所得)は実際より低く計上されてしまいます。

 実地棚卸で在庫の数量をきちんと計上することはもちろんのこと、仕掛品や大量の消耗品も正しく期末棚卸資産に計上するように注意しましょうね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
応援のポチッ!とお願いします。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 官公庁をはじめ、ほとんどの会社も今日で仕事納めですね。(私は明日が仕事納めですが(笑))

 個人事業者の方は暦年決算ですから、1年の終わりが決算期になります。

 業績の良かった方は来年のさらなる躍進を、業績が今イチだった方は課題の洗い出しと反省から来年のV字回復を目指して...

 また年末に注意しなければならないのは、個人事業者の方で平成21年に初めて売上が1,000万円を超えた方ですね。

 そういった方は23年分から消費税の課税事業者になります。

 消費税課税事業者届出書の提出と必要に応じて消費税簡易課税選択届出書の提出を22年中に提出してください。

 消費税の簡易課税を選択したほうが良いか悪いかは決算状況(前年のでも可)から判断することができますので心配な方はお問い合わせください

 えっ!役所は今日で終わりなのに今さらなにを言っているのかって?

 平成22年はあと4日間ありますから、郵便の消印が平成22年中であれば大丈夫です。

 こういった時にメール便はダメですよ!
 メール便の場合は税務署に届いた日が提出日になりますから。

 さらに裏ワザというほどではありませんが、1月3日の深夜までなら管轄税務署の時間外収受文書箱に投函する手もあります。
 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
応援のポチッ!とお願いします。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 クリスマスの次はお正月ですねv(^0^)

 お正月といえば「お年玉」

 来年のお年玉はいくらもらえるのか?と今からワクワクしている子供さんもたくさんいるんでしょうね。

 対する大人は...(以下省略)

 先日、ラジオで某若手映画評論家が「私は毎年父親からお年玉を100万円もらっている!」と発言していました(汗)

 この不景気ななかで結構なことです。

 でも...

 お年玉でも年間110万円を超えたら贈与税の申告が必要ですから!

 お正月に「100万円」、お誕生日に「100万円」、クリスマスに「100万円」なんてことはないと思いますが(笑)

 いやはや、世の中にはお金持ちがたくさんいるものですね~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
応援のポチッ!とお願いします。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。