上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 おかげさまで、ポツポツとですがお問い合わせをいただくようになりました。

 開業半月の零細税理士事務所ですから今のところお問い合わせには迅速に対応させていただいております(笑)

 お問い合わせの内容で意外と多いのが記帳代行についてだったので、今日は記帳代行について少々...

 1人会社ですとか個人事業者でも青色申告をする以上、記帳義務があります。

 紙の帳簿でも会計ソフトでも記帳というのは毎日コツコツと日記のように行うのが理想的です。

 でも、社長は営業などの第一線業務で記帳する時間がない。
 帳簿つけるためだけに人を雇うのもちょっとありえない(そりゃ仕訳もできて会計ソフト入力もできるパートを例えば週に3時間だけ雇うなんて...可能ならば私が雇いたい...)。

 社長さんはとしてはこの手の仕事は税理士(会計事務所)に任せちゃえばいいかな~

 となるわけですね...

 個人的な考えですが、記帳代行はどうしても経営者が事業状態を把握しづらくなってしまう傾向が強いのであまりおすすめできません。

 でも、記帳できないから結果的に帳簿がない(汗)とか不備な帳簿しか作れないということであれば、背に腹は代えられないので記帳代行できちんと帳簿を作りましょうということになります。

 当事務所では税務顧問契約をいただいた方に限りオプションで記帳代行を引き受けさせていただいています。

 それでも、現金商売(飲食業や小売業など)の方には現金出納帳だけは自力で日々記帳してもらうようにお願いしています。

 現金出納帳というと面倒だと思われるでしょうが(実際、多少は面倒です...)、当事務所ではパソコンの表計算ソフトなどを活用して簡単に入力できるものを提供するようにしています。
  
 また、少しずつでも会計ソフトの導入などを提案させていただき、目安として1年程度で記帳代行を卒業できるような取り組みも行っています(まだ、実績があまりないので取り組みの効果は不明ですが(汗))。

 法人はともかく、個人事業者の場合でも正規の簿記(複式簿記)で損益計算書に加えて貸借対照表を作成すれば最大65万円の控除があるわけですからしっかりした記帳を行いたいですね。 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。