上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 千葉市の税理士ふくやまです。

 最近、税理士報酬についてのお問い合わせをいくつかいただきました。

 当事務所の料金体系は決算時にまとまった報酬はいただかないことにしています。

 最近はこのような料金体系が普通のように思っていたのですが、「本当に決算料は不要なのですか?」と念押しされるので戸惑っています(汗)

 昔々、税理士報酬規程があったころ、税理士業務の報酬と会計業務の報酬に分かれていたようなんです。

 税務代理や顧問契約は税務業務報酬、記帳代行や決算などは会計業務報酬だったようです(詳しいことはベテランの税理士センセイにおたずねください)

 税務顧問報酬(月額)に決算手数料(決算時)という料金体系のルーツはここにあるようです。

 当事務所は年間の作業量から年間報酬を算定して月割りにしていますから、厳密に言えばちゃんと決算手数料的な料金は含まれていますし...

 もちろん、当事務所の料金は適正な利益を見込んで見積もっていますのでご安心ください。
 
 それでも従業員はいませんし、事務所経費も安く抑えているのでイニシャルコストが低いですからね~



にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。