上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 千葉市税理士ふくやまです。

 がん保険医療保険は生保各社から特色ある商品が販売されています。

 どちらも病気で入院したり退院後の通院費用の保障が中心です。

 よく、がん保険医療保険加入するならどちらが良いかという質問を受けます。

 答えになっていないのですが、保険は保障を買うものなのでオンリーワンな商品はないとお話ししています。

 がん保険医療保険の両方に加入すれば保障は万全といえるのかもしれませんが、支払う保険料も高くなるのでどちらかに加入という方が多いと思います。

 今回は、がん保険医療保険の特徴について少々書いてみたいと思います(各保険の商品内容については販売生保各社により異なりますので一例としてお読みください)。

 まずはがん保険から。

 現在は3人に1人ががんにかかると言われています。

 がん早期発見・早期治療により必ずしも不治の病ではなくなってきていますが、手術を受けたり、その後の投薬治療など長期間の治療が必要な病気です。

 長期間の治療となれば治療費も高額になってしまいます。

 がん保険はこのようながんへの備えに特化した保険です。

 最近のがん保険は診断給付金(一時金)に手術一時金、入院日額保障と退院後の通院費保障というのが一般的な保障内容ですね。

 また、収入保障や生存給付金(がんになってから数年間の年金給付)やがん医療の相談サービスなどの特色ある保障もみられます。

 次に医療保険の特徴です。

 医療保険がん保険と異なり様々な病気やけがによる入院費を保障する保険です。

 各社商品により異なりますが、普通の病気やけがの大部分をサポートしていますのでがん保険がん専門の保険であるのに対して病気やけが総合保障的な保険といえます。

 ただし、基本は入院費の保障であることが多く、商品によっては手術一時金や退院後の通院費保障が付加されているものもありますが、がん保険に比べると保障内容はシンプルといえます。

 がん以外でも長期入院が必要なケースはたくさんありますよね。

 また、医療保険がん保険や定期保険、終身保険の特約として付加できるものもあります。

 特約医療保障付加しても単品で医療保険に加入しても保障内容が同じならば保険料は概ね変わりません。

 さて、がん保険医療保険の違いはご理解いただけたでしょうか。

 どちらの保障も必要性を感じますよね。

 これ以上のお話しは個別商品の説明が必要になりますので、ご質問がある方はメールをいただければ私のできる範囲でお返事いたします。

 ちなみに生命保険対面販売が基本ですからメールをいただいても保険の勧誘はいたしませんから安心してくださいね。

 でもでも、お近くの方にはマジメなご提案をさせていただきますのでよろしくお願いします(本当に営業下手な税理士です...)。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。