スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務ソフトのクラウド化で悩む

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所が利用している税務ソフトはNTTデータ社の達人シリーズです。

 現在の税理士業務は会計データを管理する会計ソフト(ウチの事務所では弥生会計、わくわく会計、ネットde会計の3種類)と申告書など税務署へ提出する書類を作成する税務ソフトが必須のアイテムです。

 今時、紙の帳簿に手書きの申告書という税理士事務所は滅多にありません(汗)

 しかしですね...

 技術革新のスピードというのは本当に速いと思います。

 今となっては嘘みたいな話ですが中小零細企業などが大々的に会計ソフトを導入し始めてまだ15年くらいです。

 それまでは税理士事務所も紙の帳簿が中心でしたし、コンピュータの導入も専用機中心でお客さんが入力票を作成して事務所やデータセンタで処理するというようなものでした。

 その後、PC上にデータベースを構築して直接会計データを入力するような現在の「会計ソフト」が開発されて、あっという間に普及してしまいました。

 最近では会計システムもクラウド化(ソフト本体もデータもネットワークで提供される~SaaSといったりします。)したり、システム自体はPCにあるもののデータをネットワーク上のストレージに保存して共有化をしたりと、ITに馴染みのない方には「なんのこっちゃか解らん」ようになっています。

 ちなみに、ウチの事務所で使用している弥生会計もソフト本体は個々のPCにインストールしますが、クラウドストレージ(弥生ドライブ)を利用することで税理士とデータ共有が可能になっています。

 また、ネットde会計はソフトウエアもデータもクラウド化されている(SaaS)ので、webブラウザ上であればPCでもタブレットでもスマートフォンでも会計データの入力や閲覧ができてしまいます。

 まだ会計ソフトのクラウド化も発展途上ですが、IT技術の進化スピードはめちゃくちゃ速いので、おそらく数年後にはどこの会計ソフトもクラウド化(SaaS)すると思います。

 で...

 お客さんも税理士もIT化についてモヤモヤした気持ちになることが結構あるようです。

 最近の情報技術は高度な上に複雑化していますから...

 お客さんも税理士も全員がITの知識がバンバンあるワケではありませんのでこれは当然のことです。

 システムの専門家にクラウドのメリット・デメリットを聞くと最大のメリットは「初期投資の安さ」をあげてきますし、最大のデメリットは「従量課金によるコスト増」をあげてきます(汗)

 これはユーザーレベルではちょっと見当違いなアレで、我々のようなユーザーレベルでのクラウド(正確にはクラウドサービスの利用)のメリットとデメリットというとおそらく答えは変わってくると思います。

 税理士ふくやまが思うには...

 最大のメリットは容易に複数のクライアントとデータ共有ができる点とデータやソフトアップデートなどメンテナンス性が高いという点...

 データをクラウド化するだけでインターネットにつながっていればいつでもどこでも業務データにアクセスすることができるということはやはり魅力的なことだと思います。

 また、ソフトもデータもネット上(プロバイダ上)で管理されるのでソフトのバージョンアップなども気にする必要はありませんしPCが壊れようが盗まれようがデータは保全されますからあんしんです。

 一方でデメリットは維持コストが高いという点と属人的なセキュリティリスクがあるという点...

 クラウドシステムは業者に継続的に利用料を支払う必要があります。

 ソフトを購入してPCにインストールしてその後は有償アップデートしないでソフトを使い続けるようなことはできません(滝汗)

 また、クラウドシステムだからといってシステム的なセキュリティは心配無用ですが、システムを利用する側がアクセス権の管理をおろそかにすると途端にクラウドシステムはセキュリティがヨワヨワになってしまいます。

 たとえばデータを盗もうと思えばIDとパスワードを盗めば事足りてしまいます...

 と...

 例によって超長い前置きになりましたが(汗)

 ウチの事務所で利用している「達人シリーズ」がいよいよクラウド化するとアナウンスがありました。

 ところが、クラウド化といってもよく使用を確認してみるとSaaSではなくデスクトップの仮想化(DaaSといいます。)だったりします。

 DaaSの場合、インターネットを介したデータの共有は可能になりますが、サービスを利用するPCそれぞれに仮想化に対応するソフトを導入しなければなりません(汗)

 そこにライセンス費用が必要になります...

 これまた、そのライセンス料が結構お高い(滝汗)

 ウチのような1人税理士事務所で最大1名しかシステムを使いませんというような場合でも現状のシステム利用料から35%増になります。

 その割にはご利益がすくない...

 ということで...

 税務ソフトのクラウド化に悩んでおります(笑)

 複数の税理士(税理士業務を行う者)がいる事務所はより大きなメリットがありますが、その分コストも大きくなるので、そういった事務所でもちょっと悩ましいかもしれませんね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


   

関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。