スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社とクレジットカード

 千葉市の税理士ふくやまです。

 最近は法人を設立してすぐに法人名義のクレジットカードを作るケースが増えてきています。

 昔は法人カードとなればそれなりの審査を受けてそれなりの会費を支払ってというようにソコソコ敷居が高いものでしたが、最近は会費無料のようなものもあるようですし、新設法人でもカード発行ができているところを考えれば審査もアレなのかもしれません。

 クレジットカードのメリットはイロイロあるのですが...

 まずは資金繰りでしょうか。

 カードごとに締日と支払日は異なるのですがおよそ1ヶ月程度は支払いを繰り延べることができます。

 次に支払記録が管理しやすいというところ...

 カードの利用明細はWebで確認できますし、データとしても管理できますからこれは便利です。

 そして、忘れてはならないのがポイントや値引などのプレミア...

 ガソリンが1リットル当たり2円値引~とか、ささやかなことですが嬉しいですよね。

 しかし...

 メリットがあれば必ずデメリットがあるのがこの世の常(汗)

 特に気をつけなければならないのが法人カードでの私的な支出(滝汗)

 善くも悪くもクレジットカードは利用記録が残ります。

 また、法人カードの決済は法人の資金で行います。

 仮に社長の個人的な支払いを法人カードで決済すると必ず支払は法人資金で行うことになります。

 これは役員給与と認定されるリスクがあります。

 また、消費税の課税事業者にとって注意しなければならないのが領収書の保存です。

 クレジットカードは利用明細がありますが、これは領収証ではありません(汗)

 消費税の仕入控除額に算入するには記帳と領収証の保存が必要になります。

 たま~に利用明細があるので領収証は保存しないという会社もあったりするのですがこれは絶対にNGです。

 あとはですね...

 ポイントや値引の処理が少々煩雑になるというところも...

 付与されたポイントは雑収として資産計上(預け金等の勘定)しなけれななりませんし、ガソリンなどの値引も割り戻さなければなりません。

 ちなみにポイントは雑収計上ですが消費税は不課税取引とされていますので、他の雑収と区分して(補助勘定等を設定)記帳する必要があります。

 話は変わりますが...

 社長個人名義のクレジットカードで法人経費を支払った場合でも当然に法人の経費に算入しますが、相手勘定は短期借入金(役員借入金)になります。

 領収書を経費/短期借入金で入力して適宜、短期借入金を返済するということです。

 記帳の容易さは個人名義のクレジットカードを利用したほうが良かったりするのが不思議ですが...

 どうしても会社のお金と個人のお金の区分がうやむやになりやすいというのがアレだったりします(汗)

 いずれにしても...

 クレジットカードを利用する場合は会計処理について顧問税理士とよく相談しましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。