スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘定科目で悩む必要はないと思う

 千葉市の税理士ふくやまです。

 会社を経営する上で絶対に必要なものの一つに「帳簿」があります。

 昔々は帳簿といえば簿記の資格者が経理担当として手書きで記帳...

 決算ともなれば精算表に試算表と転記しまくりでソロバンでパチパチと貸方・借方を突合(汗)

 経理という仕事は完全に専門職でした。

 会計ソフトが普及した現在では記帳作業のハードルはググッと低くなり、極端にいえば簿記の知識が皆無でも定型的な会計仕訳の入力は問題なくできるようになったといえます。

 しかしですね...

 会計ソフトというのは基本的にはデータベースソフトなので入力データを蓄積・加工することが主たる機能です。

 データ入力そのものはやはり人間が考えて仕訳する必要があります。

 もっとも最近は預金通帳データなどから仕訳を自動生成するようなソフトウエアもありますが...

 で...

 やはり仕訳入力をする際にモヤモヤするのが「勘定科目」だと思います。

 勘定科目は簿記のルール(会計基準といいます)で細かくお作法が決められているのですが会計基準に厳格な帳簿を作成するにはやはり会計ソフトを利用するとはいえ、それなりの...いえ、相当の簿記の知識が必要になります。

 ここで挫折して税理士事務所へ記帳代行を依頼するというケースも結構あります。

 でも...

 勘定科目の仕組みがわからないからといってせっかく自分で記帳しようと思った気持ちを投げやってはもったいないと思います。

 記帳代行を依頼すると税理士報酬も高くなりますし(経済的にもったいない)会社の業績の流れも不透明になります(経営的にもったいない)。

 お客さんからよくいただく質問に「消耗品費と事務消耗品費の違いは?」というのがあります。

 細かく説明するとイロイロなウンチクがでてくるのですが...

 だいたいにおいて「消耗品費に統一していいと思います~」というアドバイスになります。

 消耗品のうち事務商品の購入額を管理する必要があれば「事務消耗品費」と仕訳して管理すれば良いのであって、事務用品でも消耗品ですから消耗品費で仕訳しても実務上はまったく問題はありません。

 他にも「未払金」と「未払費用」の違いというのもよく質問されます。

 これは簿記のお作法のなかではそれなりに違いがあるのですが、やはり零細企業の会計ではど~でも良いことだったりします(注:決算時に確定債務と支払期日未到来の経過勘定を区分することには意味があります。)。

 ウチの事務所では自社で記帳される「簿記不案内」なお客さんには必要に応じて仕訳例を作成して説明しています。

 その際もお客さんの会計知識のレベルに合わせた説明をするように心がけています。

 もっとも会計知識が少ない人と経理経験者ではど~やったって帳簿の品質には差が出ますが(汗)

 それは会計に付加価値をつける際でる差だと思っていただいて良いと思います。

 少なくても適法な決算・申告に耐えられる帳簿は会計ソフトを利用する限り簿記の知識がなくても十分に可能ですし、そこをサポートするのが税理士の仕事です。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
ご自身のみで会計ソフトを導入するのと比較して税理士がサポートすることのメリットって、それぞれのお客さんに応じた環境設定や操作方法の疑問等にすぐに対応できることもあると思っています。
ただ、既に会計ソフトを使っている納税者さんってかなりの確率で弥生会計でして(汗)
弥生会計については詳しくないのでウチがソフトに関しても全面的にサポートしようとしますとどうしてもソフトを変更していただかざるを得ません。
そこが申し訳ないという気持ちも…
弥生会計を1本仕入れて研究しないといけないかもしれませんね。
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんにちは。
ウチの事務所も現在は3種類の会計ソフトを導入していますがやはり慣れの問題で弥生会計が一押しになってしまいます(汗)
機能的にはどの会計ソフトも大きな違いはないのですが...
街の書店でマニュアル本が充実しているのも弥生会計の強みだと思います。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。