スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人名義の銀行口座を開設する

 千葉市の税理士ふくやまです。

 法人の設立日というのは設立登記申請書が法務局へ提出された日になります。

 契約などの法律行為はその日から可能だったりするのですが、実際にはなかなかそういうワケにはいきません(汗)

 契約するには法人の実印(印鑑証明)も必要ですし資金決済のために銀行口座も必要です。

 印鑑証明や法人の履歴事項証明(いわゆる登記簿謄本)は提出した法務局や時期などによって差がありますが登記申請後10日〜15日程度の時間を要します。

 印鑑証明と履歴事項証明が手に入って初めて銀行の門をくぐれるということです。

 ここで知っておかなければならないことがあります。

 個人名義の銀行口座を開設したときのことを思い出してみれば...

 窓口で口座開設申請書を書けば即日口座開設だったと思います。

 法人名義の場合も即日で口座開設できる銀行もありますが場合によっては口座開設の審査に2週間程度要するような場合もあります(汗)

 登記申請してから2週間で登記事項証明書等を入手して口座開設の審査に2週間を要すると法人設立から1ヶ月程度、経済活動に制約が加わることになります(滝汗)

 一般論ですが、法人名義の口座開設はメガバンクのような大きな銀行ほど審査に時間を要する傾向があります。

 つまりですね...

 法人を設立して最初に開設する口座は本店所在地から最も近い地銀や信用金庫の支店でということがおすすめということになります。

 実際に資金融資を申し込むのもメガバンクより地銀&信金ですしね。

 取引先の都合でメガバンクにも口座が必要というのはよくあることですし、口座を開設することは結構なことですが...

 零細企業のメインバンクは地銀&信金が無難です。

 法人設立時からサポートさせていただいているお客さんにはこういったこの他にもイロイロなアドバイスをするのですが、ブログでは書けないことも多いので(笑)

 さぁ〜

 銀行口座を開設したらバリバリと稼いでいきましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。