スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極的には大きな政府か小さな政府かの問題だと思う

 千葉市の税理士ふくやまです。

 季節柄、秋というのは税金のネタが枯渇する時期でして(汗)

 冬に向けての税制改正議論もなかなか輪郭がはっきりと見えてきませんし...

 マイナンバーなんていうのもありますが、これは税制改正とは少々趣が異なりますし、語ると深い沼にハマりそうな気がしますし(滝汗)

 さて...

 年末に向けて政府は消費税の税率を10%に改正することについて最終的な判断をするということになっているようです。

 とはいうものの消費税10%は規定路線だと思われますから答えはアレだと思いますけど...

 一応は「消費税増税は経済情勢を勘案し~」となっていますし公表されている指数もご存知のとおり...

 税金は安いに越したことはありませんから「消費税増税反対~」という声が大きくなるのは当然のことだと思います。

 消費税に限らずおよそ税金というものは国や地方公共団体(以下「政府」といいます。)の運営資金ですから、税金を安くするということは政府の運営資金を少なくするということになります。

 ここで理解しなければいけないことは「無い袖は振れない」ということだと思います。

 小学生でも解る理屈ですが「100円を使うには100円を持っていなければならない...」

 これって疑いようのない大原則です。

 言い方を変えれば「100円しか持っていなければ100円しか使えない...」

 「なにを当たり前のことを言っているのだ~」という声が聞こえてきそうですが(汗)

 行政には予算が必要で予算には歳入の裏付けが必要で歳入は税金で賄われるのが原則です。

 今の行政にムダが多いという意見はさておき...

 税負担そのものの議論は大きな政府を志向するのか小さな政府を志向するのかということと表裏一体の議論です。

 行政に多くを求めつつ税負担はより少ないというのは実現できれば素晴らしいことですが無い袖は振れません(汗)

 したがって...

 税負担を少なくしたいと思えば「行政サービス」を小さくすれば良いということになります。

 実際に米国などはそういう考え方ですし税金も儲かっているものが負担するという考え方が徹底していますから税制も直接税が中心です。

 アメリカ人は上位20%の国民が国家を支えているという思想ですからね...

 日本は皆保険制度ですが、米国には社会保険なんてありませんでした(現在はオバマケアがアレですけど...)。

 中央政府の行政は防衛と治安と外交だけ....

 あとは州政府にお任せです(したがって州政府が独自の税制を定めていて消費税的な税金も州単位では存在しています。)。

 欧州などは反対に行政サービスが手厚いですが、税負担もハンパではありません。

 儲かっている人だけに税金を負担してもらうと儲かっている人の利益が全部吹っ飛んでしまうほどの負担になりますから消費税のような税金で広く国民に税負担を求めています。

 欧州の消費税(付加価値税や売上税)率は20%程度...

 米国も欧州も国民の全てが現状の行政に納得・理解をしているワケではないと思いますが、日本と違うのは大きな政府を求めるのか小さな政府を求めるのかという指向性は明確ですね。

 日本も福祉や教育などの行政サービスをより充実(あるいは維持)するのであれば今後も消費税などの税負担はより重くなるでしょうし、反対に行政サービスをより小さくしていけば税負担を少なくすることが可能になるでしょう。

 この点においては景気と税制は疎な関係であると思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。