スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロパー融資

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は新規創業のお客さんが比較的多いので最初の融資は公庫(日本政策金融公庫)を利用することがほとんどです。

 公庫融資のよいところは「原則、無保証人・無担保」で「保証料等の付帯費用が不要」といったところでしょうか。

 融資専門の銀行なので融資の条件に「定期預金や定期積金」の契約などがないところも密かな美点だと思います。

 それでも企業が順調に成長していき投資額の規模も大きくなってくると公庫融資の限界に達してしまうことになります。

 公庫融資でも「中小企業事業融資」という窓口から長期固定金利で数千万円~数億円までも融資を受けるような場合もありますが、創業間もない企業にはハッキリ言って縁のない話でもあります。

 イメージとしては普通銀行の「プロパー融資」のようなものです。

 さて...

 プロパー融資というのは銀行が自らの与信で融資を行うことをいうのですが、そういう話をすると「ウチも銀行から融資を受けているけど、それとは違うの?」と質問をいただいたりします。

 創業間もない企業などが銀行から融資を受ける場合、まずプロパー融資という選択肢はありません。

 ほとんどは信用保証協会などの保証機関に保証料を支払っての保証協会融資や自治体の制度融資ということですね。

 信用保証協会などの保証会社は保証料を受け取ることで債務の保証(有料の保証人というイメージ)を行っています。

 信用保証協会の場合、債務の80%を保証しますので銀行が1000万円の融資をする場合でも保証協会融資の場合、銀行が自らの与信で負うリスクは200万円...

 勘違いしてはいけないのは保証機関は銀行に対して債務を保証するのであって、債務者(会社や社長個人)の債務が免責されるワケではないということ。

 信用保証機関が債権者になると(融資返済が飛んだ場合...)激烈な弁済要求がありますから(汗)

 これがプロパー融資の場合は100%銀行もリスクを負うことになるので、当然ですが融資のハードルは格段に高くなります。

 それでも...

 一定規模を超える融資が必要な場合はプロパー融資の扉をこじ開けなければなりません。

 不動産などの担保がある場合などはともかくとして、そうでない場合は...

 企業も銀行からプロパー融資を受けられるようになれば1人前と言われたりもしますが、不思議なことに創業第1期の企業でもプロパー融資を受けられる場合がありします。

 不思議ではありますが、そういう話にはきちんとした理由があったりします。

 経営というのはリスクの選択ともいえますから、無借金経営を目指すのもアリですし、大きな投資で大きな利益を追求することもアリです。

 重要なのは経営者の一瞬の決断なのかもしれません。

 やっぱり経営とは「勝つべきものが勝利する世界」なのでしょうかね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。