スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交際費の使いすぎ

 千葉市の税理士ふくやまです。

 法人税の取り扱い上のお話ですが...

 中小企業の交際費は年間800万円までは全額損金算入することができるようになりました。

 今までは一部の特例支出を除き1割カット(損金不算入)だったのですが...

 これも景気対策の一環ですから政府がご所望されるとおりにジャブジャブと交際費を使って景気回復に全開で協力する~

 と言いたいところですが...

 中小企業で年間800万円も交際費を支出するというのはかなりの使いすぎですよね(汗)

 お客さんからも「センセ~交際費っていくらまで認められるのですか?」と聞かれることが多いのですが...

 「金額より支出の内容です~」というのが回答です。

 交際費というのは支出した日と金額の記録(領収証ですね~)に加えて支出した対象を記録する必要があります。

 ウチの事務所では領収証などの裏に相手をメモしておくようにお願いすることが多いですね。

 結果として事業遂行上必要な交際費の支出がジャブジャブであっても仕方のないことですが、支出の内容や目的が不適切なものであればこれは絶対にNGです(滝汗)

 交際費に限らず、税務調査で役員が私的に費消したと認定された金額は役員給与(賞与)に認定されることがあります。

 定時定額支給以外の役員報酬は損金不算入です(汗)

 それでもしっかりと所得税(住民税)などは課税されます(滝汗)

 顧問税理士といっても四六時中社長さんに張り付いて経費の支出内容を確認することなどはできませんから、やはり支出の内容チェックは経営者自らが理性的に節度をもって行うということです。

 認定給与(賞与)って本当にイタイですからね...

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所ではメールによる無料相談を行っております。
 ご相談いただく際にはこちらの記事をお読みいただき趣旨をご理解の、上お問い合わせください。


 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。