スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領収証のない経費

 江東区の税理士ふくやまです。

 ぼちぼちと個人事業者の皆さんも確定申告の準備に取りかかっていると思いますが...

 平成26年分の所得税(事業所得等)からは青色申告の有無にかかわらず、記帳・保存義務が生じていたりします。

 つまりは白色申告の事業所得者でも帳簿を作成してその記録をもとに確定申告書を作成しなければならないということです。

 そうはいってもですね...

 白色申告者のかなりの方々が新年を迎えてから領収書を電卓でパチパチとやっているのでは(汗)

 大変ですね~

 で...

 領収証から経費を集計すると領収証のない経費は必然的に集計漏れとなってしまいます(汗)

 所得金額は収入(売上)から仕入や経費を差し引いた金額ですから、経費の集計漏れがあれば所得金額はお高くなってしまいます(滝汗)

 でも領収証のない経費なんて認められないと思いますよね...

 実際に税務調査などで領収証のない経費というのは否認されることが往々にしてあったりします。

 しかし...

 所得税法の規定上、必要経費というのは所得を得るために要した費用とあり、なんと法律のどこを読んでも領収証の有無が必要経費算入の要件とはなっていません。

 要するに「事業上の経費は領収証がなくても経費であることにかわりがない。」ということです。

 でも...

 だからといってリアリティのない経費を領収証がない状態で計上することは許されません。

 例えば毎日自動車で移動している人がガソリン代の領収証を全部棄ててしまったような場合、ガソリン代が経費に認められないというのは普通に考えておかしいですよね。

 そういった経費は領収証がなくても実際に支払った(と思われる)金額を経費に算入できると...

 ただし、税務調査の際には実際に支払ったと認めてもらえるだけのリアリティのあるものでなければ否認されても文句は言えません...

 ついでに言いますと...

 消費税の課税仕入に計上するには領収証や記帳などの記録が要件になります。

 なんと消費税法にはちゃんと記帳や証票の保存が要件に明記されているんですよね(汗)

 なかなか血も涙もないお話ですが...

 ルールは守らなければなりません。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

初めまして
質問があります
パチプロは、納税しなくても良いのでしょうか?
パチプロ組織のエクセルは、数百億円稼いだが、税務署問い合わせしたら、払わなくて良いと言われたそうです
本当ですか?

参考までにリンク貼ります
http://s.ameblo.jp/bna755/entry-11972573783.html

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。