スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開業して2~3年は申告しなくても大丈夫?

 江東区の税理士ふくやまです。

 世の中、所得税確定申告の真っ只中です。

 ご存知のとおり、個人事業にかかる税金(所得税、住民税、事業税など)は納税者が自ら税額を計算して納税する申告納税制度によっています。

 自主申告&納税が原則ですから確定申告書の提出がなくてもただちに税務署から税務調査を受けるというようなことは滅多にありません。

 ここで都市伝説のような話になってしまうのですが...

 「個人事業を開業した場合は2~3年は税務申告をしなくてもお咎めがない~」というようなアレです(汗)

 税理士としては「納税額が生じるのであれば必ず申告・納税をしましょう。」となるのですが、前述のような都市伝説を間に受けている方にしてみると「センセ~最初は申告しなくてもいいんじゃない?」というような(滝汗)

 ちなみにですね...

 税務調査というのは不正があった場合は最長7年間も遡及して課税されることになっています。

 例えば、開業後2年間ほど無申告で3年目から確定申告&納税をしたような場合、申告を3期したところで調査を受ければ当然に無申告だった2年間にも税務調査は波及します。

 税務署殿としても1回の調査でできるだけ長期間の調査を行うことが効率的ですから...

 脱税のなかでも無申告というのは故意犯と言えるものですから税務署殿も厳しい対応となるのは当然です。

 もっとも赤字で納税額がない場合は申告義務がありませんので儲かっている(納税額が生じる)ことが大前提のお話ですけど...

 確定申告もあと3週間で申告(納)期限です。

 今から税理士に依頼となるとかなり条件が厳しくなると思いますが、税務申告の準備が自力でできない場合には税理士に有償で依頼するか青色申告会などの指導機関(団体)に加入してサポートを受けるしかありません。

 無申告はダメですよ。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。