スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

融資を受けるということは大きな責任を負うということ

 江東区の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は現在のところ創業支援に力を入れています。

 創業支援というのは税務面で大きくモヤモヤすることはあまりない一方で経営面、特に資金繰りで悩ましいことになることが多いものです。

 個人事業で海千山千の経験者が法人なりするような場合はともかくとして...

 ほとんどの創業者は経営未経験者ですから、創業支援が税務面よりも経営面へのサポートが重要というのは当たり前といえば当たり前です。

 よく経営には「ヒト、モノ、カネ」とい言いますが...

 本当にそのとおりでして...

 その中でも税理士が大きく力になれるのは「カネ」の部分だと思います。

 経営する上での「カネ」というのは個人の貯金などとはちょっと趣が異なると思っています。

 会社にお金はあったほうが良いに決まっていますが...

 究極的には「お金が無いこと」はさほど問題にはならずに「お金が足りないこと」が問題になると思っています。

 お金が無くてお金が足りないのであればお金を借りるということで問題は解決しますからね。

 しかし...

 借りたお金は返さなくてはいけません(汗)

 返済資金というのは利益の中から納税をした後の資金です。

 売上から仕入や経費を差し引いて、経営者の報酬を抜いてですね...

 なおかつ納税して返済するために必要な売上高をしっかりと意識して、しっかりとその売上高を確保する。

 これができないと確実に会社は潰れます(滝汗)

 自己資金で起業する場合と他人資本(融資)で起業する場合は融資資金の返済という点で経営者の責任の大きさがまったく異なります。

 融資資金の返済ができなければ倒産(破産)ですし個人の資産を処分するなど大きな痛手を被ることになります。

 もっとも自己資金のみで起業して大きな成長を達成することは不可能ではありませんがかなり難しいことです。

 融資を受けることは起業にとって必要なことです。

 勇気をもって融資を受けて、事業を大きく成長させる。

 裏腹ではありますが、融資を受けるということは大きな責任を負うことになります。

 ウチの事務所の創業支援のポリシーは「負けないこと」です。

 ウハウハ儲からなくても絶対に潰れない会社を作ること...

 そういった意味でウチの事務所は結構臆病者なのかもしれません。

 でも、会社は生き残ってこそですからね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

 福山徹税理士事務所ではスタッフを募集しております。
 詳細は弊事務所HPをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。