スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと確定申告モードに突入です

 江東区の税理士ふくやまです。

 ついこの間、新年を迎えたと思っていたのですが...

 気が付いたら既に2月(汗)

 毎度のことですが、ウチの事務所は所得税の確定申告業務は2月を迎えてからスタートとなります。

 給与所得の還付申告などは1月から提出可能ではあるものの、納税額のある場合は確定申告書の提出は2月16日からです。

 本当はもっと早くから確定申告モードにしたいのですが、年末調整に始まり法定調書や償却資産税の申告に加えて以前は対応していなかった冬の決算法人(10月~2月決算)への対応など1月末まではどうしても個人事案に取り掛かることができません。

 とはいうものの...

 今年は新規の年イチ所得税事案は原則としてお引受けしない方針ですし、個人事業者はほとんどが法人化を目指している顧問契約のお客さんだったりしますので、これからお会いするのは常連の不動産所得や譲渡所得や贈与税などの資産課税関係のお客さんばかりです。

 その他に以外と多いのが法人顧問先の役員さんの申告...

 複数給与や不動産所得など、社長さんでも確定申告が必要な方は結構いるものです。

 以前は2~3月は法人顧問先の訪問頻度を落とすなど「確定申告シフト」を徹底していたのですが最近は規模が拡大している会社も増えてきているので本当に確定申告に充てる時間を確保することが難しくなってきました。

 さらに1月末からの調査着手が2件(滝汗)

 入力スタッフが充実してきたので私が会計ソフト入力をするような機会は激減したのが救いではありますが...

 新規の所得税事案はお引受けしないといっても、税理士事務所ですからいつまでもそういう状態で良いワケがありません(汗)

 春以降はさらなる事務所機能の拡充に努めなければと思っています。

 と...

 例によって長い前置きになりましたが...

 平成28年分の源泉徴収票(税務署提出用)にはマイナンバーを記載する欄が追加されました。

 源泉徴収票は現在A6サイズですがこれからはA5サイズになります。

 減算徴収票は年末調整後に受給者へ交付するのですが、退職者には退職後1か月以内に交付することになっています。

 つまり...

 2月になりますと、場合によっては1月退職者の源泉徴収票を作成しなければならなくなります。

 でも...

 ウチの事務所のシステムでは平成28年分の源泉徴収票もA6サイズでしか作成できません。

 ちなみに国税庁のHPでも公開されている様式は現行のものだけ...

 まぁ、本人交付用にはマイナンバーは記載不要ですから現行の様式でも問題ないと思うのですが...

 来年の確定申告時に「改めてサイズの大きい源泉徴収票をください~」なんて言われたら面倒ですね。

 実はA6サイズ(4P)の用紙が在庫僅少となっており、新規に発注するか悩んでいたりします(汗)

 本来ならA5サイズ(2P)で統一したいところなのですが...

 まだ需要がありそうなのでやっぱり発注しないとダメそうですね~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。