スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ明日から確定申告

 江東区の税理士ふくやまです。

 所得税・贈与税の確定申告は明日の2月16日から3月15日までに行うこととなっています。

 個人事業者の消費税は3月31日まで...

 昔は2月16日の朝、税務署の受付一番乗りを目指すような方々が並んでいたりしたものですが、最近は電子申告も普及してきたのでそもそも税務署に並ぶことが珍しことになっているようです。

 もっと言いますと...

 確定申告の相談会場が税務署にないというような場合も増えてきました(汗)

 税理士ふくやまが所属する江東東税務署も確定申告相談会場がない税務署のひとつです...

 で...

 税務署に相談会場がないとなれば納税者はどこへ相談に行くのかとなるのですが...

 江東東税務署の納税者は築地にある東京国税局が確定申告相談会場となります。

 ちなみに税務署ごとに相談会場が決められていますので東京国税局管内の方はこちらのリンクを確認いただければと思います。

 その他にも税理会などによる無料相談など地域ごとに確定申告のサポート体制は整備されていますので、給与所得者の還付申告や年金の申告などでお困りの方は是非、利用いただければと思います。

 確定申告の時期は我々税理士にとってもやはり繁忙期です。

 ただし...

 会社の決算が集中するような類の忙しさではななく、物量的な忙しさ...

 まぁ年末調整や法定調書の作成などと同じタイプということですね。

 ウチの事務所は比較的個人事業者の比率が少ないのですが、それでも不動産所得者や会社役員(ウチのお客さん)の複数給与などの確定申告はそれなりにありますので、やはりこの時期は繁忙期となります。

 今年は新規の個人事業者からのお問合せは原則お断りしているのですが、それでも既存のお客さんからのご紹介というのが数件はありますので前年より微増となっています。

 個人の確定申告の場合、税理士に報酬を支払って申告書を作成しても良いのですが、税務署などの相談会場なら原則無料ですし、国税庁HPの申告書作成コーナーを利用するという手もあります(リンクはこちら)。 

 税理士の私が言うのもアレですが...

 給与所得者や年金受給者の申告などは無料のサービスで十分だと思います。

 なるべくコストをかけずに申告することは悪いことではありません。

 では...

 税理士に個人の確定申告を依頼するのはどういう場合かといいますと...

 不動産の譲渡や大規模な不動産賃貸収入がある場合の申告や、事業(営業)所得の申告などでしょうか。

 こういった申告はそれなりに専門家の知識が役に立つものです。

 ということで...

 健康第一でこれからの1か月を頑張って行きたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。