スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ復興半ば

 江東区の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は零細ぽっち事務所だったりするのですが...

 お客さんは全国に展開されていたりしてですね...

 秋から春にかけてはなかなか地方のお客さんを訪問することができないのですが、7月から8月にかけては東北から九州まで毎週のように巡業することにしています。

 ということで...

 先週の訪問先は九州は熊本~

 片道700キロまでは自動車移動を基本としている税理士ふくやまもさすがに熊本は飛行機移動です。

 熊本といえば...

 震度7の大震災に見舞われたばかりです。

 お客さんからは震災の影響は限定的で日常生活に大きな不自由はないと連絡は受けていましたが、「実際のところはどうなんだろう?」という気持ちで熊本へ向かいました。

 確かに熊本市内の繁華街などは以前と変わらぬ賑わいだったりしていましたし、市内(繁華街)は崩れた建物などは皆無で、一見すると復興のペースは速いように感じました。

 しかしですね...

 一見、綺麗に見える建物(商店街のテナントビルなど)でも「震災の影響で○○へ移転します」とか「震災の影響で閉店しました」というような貼り紙とともに閉まったシャッターが散見したり...

 熊本駅の駅ビルもまだ一部は閉鎖されたままですし...

 熊本空港にいたっては建物内の飲食店はいまでに全店閉鎖中です。

 空港のタクシー乗り場前の軒先にオープンカフェ(のような)簡易的な飲食店が営業しており飲食はそこだけ...

 まだまだ復興半ばというのが1日滞在すれば十分に感じることができます。

 ちなみに...

 前週は北関東、その前週は東北へ巡業していますが...

 東日本大震災の被災地(特に福島県浜通り)は本当に復興が進んでいません。

 もう5年も経っているのに...

 それにはやはり原因があるワケで...

 つまりは東北と熊本の大きな違いは原発と津波の有無です。

 それを考えると原発というのはひとたび事故が発生すると取り返しがつかないことになるということを実感させられます。

 日本は災害の多い国です。

 天災を完全に防ぐことなんてできません。

 それだけに天災が襲ってきた際にいかに被害を最小限に留めるのかというのが、市民目線では最優先なのかもしれません。

 日ごろは都内近郊から離れることが少ないので、地方の状況に鈍感になってしまうのですが...

 地方に出向いてみると感じることがたくさんあるものですね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ただいま無料メール相談は対応を停止しております(再開未定)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。