スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡した人の預金

 千葉市税理士ふくやまです。

 先日、とある葬儀で受付・会計を仰せつかりました。

 税理士だから「間違いはないだろう。」とのこと...

 税理士でも間違いはありますし(汗)マジメな税理士もいればいいかげんな税理士もいますから(滝汗)

 それでも、「税理士=信頼できる職業」というイメージは確固たるものがあるようです。

 これは、歴々先輩方の努力の賜物ですね(感謝)

 税理士たるもの葬儀が終わると相続手続きへと続くことになるのですが、相続人の方々はその前にやらなければならないことがたくさんあります。

 例えば一般に以下のようなものがあります。
 ・健康保険証の返却(被保険者変更)手続き
 ・埋葬料補助の申請
 ・年金にかかる手続き
 ・電話など個人で契約していたものの解約
 ・四十九日法要の準備

 ほかにも生命保険金の給付手続きですとか預金等の払い戻し(解約)手続きですとかも重要ですね。

 よく、お亡くなりになると預金がおろせなくなる云々とありますが、確かに銀行などは預金者が死亡したことを知った場合に預金の払い戻し(解約)を一時的にストップすることがあります。

 これは、故人の預金は遺産ですから、特定の相続人が個人の預金を自由にすることで遺産分割協議に悪影響を及ぼすことを避けるためなんですね。

 ですが、葬儀にはお金がかかります。
 故人の預金等を払い戻さないと葬儀費用の支払いに困ることもあります。

 そのような場合は遺産分割前でも故人の戸籍謄本と相続人全員の承諾書(要実印)を金融機関に提出することになります。

 もちろん、払い戻した預金は相続財産ですし、葬祭費用は相続財産から控除する負債・費用になりますからきちんと明細を保存しておきましょう。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

亡くなった人の口座から死亡後 勝手に下ろしたら
いけないのでしょうか?

また埋葬料の補助というのは はじめて聞きましたぁ!

To ターザンさん(その1)

亡くなった方の預金は複数の相続人がいる場合、誰が相続するのか確定するまでおろせません。
でも実際は銀行が預金者が亡くなったことを知る方法がない(新聞の訃報とか近所の噂などしか思いつかない)のでカードと暗証番号があればおろすことが出来る場合が多いです。
もちろん、相続人全員の承諾があれば問題なしです。

To ターザンさん(その2)

埋葬料は国保の場合は市(区)役所で申請します。社保や共済の場合は勤務先で申請します。
支給金額は保険によりかなり異なりますが国保で5万円(自治体により異なる)程度です。

No title

なるほど♪ 勉強になります♪

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。