スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定額小為替証書

 千葉市税理士ふくやまです。

 税務の世界では既に電子申告が主流になりつつあり、納税振替納税電子納税、さらにはコンビニ納税までありますので納税者(税理士)の利便性はかなり向上しています。

 税理士税務署に出かける用事など、調査の言い訳をしに行く(汗)か決算法人説明会等の講師くらいのものです(笑)

 お客さんが申告書に税務署の受付印が欲しいと言われれば申告書を紙で提出しますが、そんな程度です...

 最近、ちょっとな~と感じているのは地方自治地体(市役所等)の対応です。

 対応と言っても職員の態度が悪いとかそういうことではないです(笑)

 公務員も普通の会社員もピンきりなのは同じですから...

 私は戸籍関係の書類などの取得依頼を受けると可能な限り自分で役所に出向いて申請・発行していただきます。

 戸籍などはどこまで遡ればよいのか発行された謄本(改製原戸籍)を見ないと判断できませんから、軽い気持ちで郵送申請などしてしまうと書類の取得に1カ月以上費やすことになりまねません。

 お客さんにはスケジュール見積もりを提出していますからね~

 スケジュールを守ることは初歩中の初歩的なことですから...

 それでも、遠方の役所の場合は郵送申請を行うのですが、ここで料金支払いの方法が「ちょっとな~」な件です。

 郵送申請の場合、ほとんどの役所が料金郵便定額小為替証書現金書留で納付となっています。

 これが実に面倒かつ不合理だと感じている訳ですね~

 郵便定額小為替証書など発行手数料100円です。

 400円の支払いに手数料100円ですよ(汗)

 では現金書留でとなるとさらにお高くなります...

 料金もアレですけど、その都度郵便局の窓口出向かなくてはならないのは拷問に近い仕打ちですね~

 ペイジー等の送金インフラもあるのですから何とかしてほしいと思っているのは私だけでしょうか?

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ホント、なんだかな~、て感じですね。
ポチッ!

To しんめいさん

こんばんは。

職務上請求は電子証明で自治体HPから申請してですね~

申請受付画面にペイジーの番号を表示すれば終わりだと思うんですけどね~

自治体の電子署名を付ければ官公庁提出用は紙である必要もないので郵送料も不要になるかもしれません。

とそんなことを考えてしまいました(汗)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。