スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人事務所の営業時間

 千葉市税理士ふくやまです。

 税理士などという職業は実際にはそんなに多くのお客様とお付き合いできるわけではありません。

 巡回監査担当などの肩書きを与え無資格事務員お客様訪問をさせれば話は別ですが...

 1人事務所は意外と小回りが利くので対応可能なお客様の規模さえ間違わなければお客様にも満足度の高いサービスが提供できると思います。

 しかし、長所もあれば短所もあります。

 まず、事務所に不在の時間が長い(汗)

 ウチの事務所電話をいただいても結構な確率留守番電話での対応となってしまいます。

 携帯へ転送ということも考えたのですが、不覚にも電話FAX同じ回線なのでそれもできず(汗)

 もう1回線増設を検討していますが、近い将来事務所移転も考えているのでそれも躊躇している状態です。

 さらに、もっと悩ましいのが事務所の営業時間...

 一応、HPなどで営業時間などは案内しているのですが、そもそも不在の場合が多いので既にあまり意味がなくなってきています

 土日も事務所には必ず1回は行きますし、仕事があれば夜中もいます(ほとんどいます...)。

 ある意味平日の深夜のほうがウチの事務所の電話はつながります(滝汗)

 そう考えると事務所の休日は「不定休」、営業時間は「24時間(ただし睡眠中は除く)」というようにした方が良いのかな~などと真剣に考えてしまいます。

 まぁお客さんも土日が休みの方ばかりではありませんし、日中に時間が割けないお客さんもたくさんいますから、当分はいいかげんな営業時間で行きます...

 スマホを活用しているのでメールでしたらいつでもレスポンスよく対応できるのですが...


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

私もそうでした。
今は、誰かが居ますから、解決しました。
これも、合同事務所のメリットですね~。
ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。

電話番がいるだけでかなり違いますよね~

ウチもそろそろ普通の事務所(大きい看板と従業員がいる...)にしないとアレかもしれませんね~

No title

誰かがいる事務所にあこがれます(笑)

No title

1人事務所は同じような悩みがあるので、
面白く読ませて頂きました。
電話を転送しても、
相談中は出にくいですし(目の前にお客様がいる)、
車の運転中は出られません。
短所を嘆くより、
1人事務所は小回りが利くという
長所に目を向ける事で良いと思っています。

To わにさん

こんばんは。

なにをおっしゃいますか~

「わに」さんには素敵な事業専従者(予定)がいらっしゃるじゃありませんか~

To 草食系行政書士さん

こんばんは。

1人事務所は小回りが利きますし、なにより自分勝手な事務所運営ができますからね(これは短所か?)やりたい仕事をやりたいだけやれます(笑)

私は超夜型人間なので会計ソフトの入力などは深夜の方がはかどったりします。

従業員を雇うと規則正しい生活が求められますからね~

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。