スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記帳代行について考える

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士事務所の業務の中で記帳代行業務というのは事務所によって位置づけがかなり異なるようです。

 ウチの事務所でも開業当初は「記帳代行は関与初年度だけお引受いたします~」などとHPにも大々的に書いていました(汗)

 現在は記帳代行大歓迎~というほどではありませんが、必要に応じてお引受しています。

 今でも、理想論を言わせていただくと経営者(経理担当者)が会計ソフトに日々の会計データを入力することでリアルタイムに会社の財務(経営)状況を把握するメリットはなによりも大きいと思っています。

 つまり、経営者たるもの会計ソフトの入力程度は自力で(経理担当者が)頑張りましょう~ということです。

 ところが、大多数の小規模企業は自力で会計ソフト入力などできません。

 社長以下社員1~2名の企業規模では経理担当という職能はよほどのことがないと成立しません。

 そこで、帳面は税理士に任せてしまえ~

 というところもまぁ仕方がないのかなぁと最近は思っています。

 税理士にしてみると記帳代行というのはこれまた難物です。

 なにが難物なのかと言えば、知的な専門サービスの税理士にとって記帳代行業務は格段に力仕事だからです。

 入力担当の事務員さんがいるような税理士事務所であれば記帳代行もサクサク対応できるのでしょうけど、ウチのような貧乏1人事務所には記帳代行業務は業務効率を悪化させる最大要素になってしまいます。

 ぶっちゃけ、ウチの事務所は記帳代行料として月間100仕訳までで10,500円をいただいていますが、税務顧問報酬のオプションだから成立する業務であり価格だと断言できます。

 ただし、税理士にとってメリットがない訳でもありません。

 記帳代行のデータは原始仕訳から自分で判断していますから会計データに安心感があります。

 今のところは経理も自力で頑張ろうというお客さんにはサポートは惜しみませんがやはり記帳は無理というお客さんには記帳代行をおすすめするというオチになります。

 実際、お客さんとしても経理担当バイトを雇うというのは現実的ではありませんからね~

 ウチの事務所もあと10社位顧問先が増えれば入力担当者を雇用しようかとも思っていますが、あと10社のお客さん...

 そんなに簡単には増えませんからね~

 開業当初から大きく変わったのは記帳代行も税理士の仕事としてはアリなんだと理解したところでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

みごとなオチですね~。
他にも、ブログをお持ちなんですね。
くるぶしさんの所で見ました。
ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。

事務所の夜なべ仕事の大半が記帳代行業務(会計ソフト入力)ですね~

日中、お客さんを訪問しているので仕方ないのですが...

ということで現在も元気に入力中です(汗)

けっこう大変な作業なのですね

応援のポチッ

To ユウさん

こんばんは。

そ~ですね。

記帳代行というのは要するに入力作業ですから効率化に限界があります。

1ヶ月分の伝票類を整理して入力するのには小規模な会社でも1時間では終わりませんね~

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。