スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月割定額制の税理士事務所

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所はHP等で報酬表を公開しています。

 報酬が高いか安いかは比較論ですが、私のなかでは適切な報酬額だと思っています。

 今回、お話ししたいことは月割定額制という報酬支払システムについてです。

 税理士(会計)事務所の報酬体系は月額顧問料+決算料+記帳代行料等のオプションというシステムが一般的です。

 実際の作業を見ても毎月の顧問料(顧問料に対応する役務提供の内容は事務所により千差万別ですが...)に年に1度の決算、顧問料とは別に会計ソフトの入力事務(これは外注作業というイメージですね~)という区分は妥当性がありますね。

 でも...

 小規模法人などにとって決算期に支払う決算料の額は結構な負担のように感じるのは私だけでしょうか?

 確かに、税理士1人がきちんと対応できる法人の数は税理士の能力により差があるところではありますが20~30法人といったところでしょうから、自ずから顧問先1社当たりにいただきたい報酬額というのは計算できてしまいます。

 どこぞかのWeb広告にあるような月額1万円(年間12万円?)というような金額では普通の税理士事務所は成立しません。

 でも、決算期にまとまった料金をいただくのも中小企業経営者の長男坊として育った私にはど~しても抵抗感があります。

 そこで、ウチの事務所の報酬体系は年間に必要な作業量から年間報酬額を見積もりその金額を12等分した月割定額制を採用したわけです。

 もちろん、決算・申告からのお付き合いという場合は最初に決算・申告手数料を一時金でいただきますし、今まではありませんが年の中途で作業内容が大きく変わるようなことがあれば見直しをお願いすることになるのですが、原則は月割定額制です。

 例えば、月次監査時の資料に特別なものが欲しくなった~ですとか、金融機関の融資申込み等の資料作成や同行ですとか~HP作成支援(弊事務所のHP程度のものしか作れませんが...)ですとか...

 ウチの事務所は基本的に追加料金はいただいておりません(汗)

 本当は年間報酬額の細かい内訳も廃止してなにか合理的な基準の固定会費制にしたいと思っているのですが...

 普通に考えれば税理士のお客さんですから決算・申告・年末調整などは絶対にありますからね~

 せいぜい記帳代行の有無程度の違いだと思うのですが...

 2~3年現在の報酬体系を維持するつもりですが、機会を見てもっとシンプルな報酬体系にしたいと思っています。

 そんなことですからウチの事務所は報酬の値引きには一切、応じませんし報酬分以上のサービス(おせっかいともいいますが...)を提供しようと頑張っています。

 あとですね...

 ウチのお客さんになるには毎月(隔月)1回は私の長話(平均2時間です)にお付き合いいただくことと長文メールの文通が条件になります(冗談ですが半分は本当です)...

 ブログも長文ですが、話も長い(汗)面倒くさい税理士ですがそこが私のいいところ(本当か?)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

うちの事務所も顧問報酬は公開しています。
ですので、料金に納得された客様からの問い合わせが多いので、それほど値引きにはなっていないと思います。

それと、若い経営者ほど年間報酬を12等分した定額制を希望されます。
逆に年配の方や他の事務所から来られた方は「月次+決算料」がいいようです。

報酬体系をどのようにするか、悩ましい問題ですね~。

To 根岸さん

こんばんは。

なるほど、年配の方は顧問料+決算報酬というスタイルを好む場合があるのですね~

ウチの報酬体系も一応、細かく区分されているので月割均等払いでないパターンでも対応可能ですけどもまだそういうご要望はいただいたことはありません。
(最初から定額制と言っているからかもしれませんが...)

個人的には月割定額制がこれからの主流になっていくような気がしています。
(根拠はありませんが...)

*先生のブログへのリンクをさせていただきたいと思います。
⇒迷惑でしたらご連絡ください。

No title

報酬額を決めるというのは、なかなかに難しいものですね。
これから私も頭を悩ませることになります。

To わにさん

こんばんは。

税理士と違って行政書士は業務の種類が多いですから報酬表を作るのも悩ましい作業ですね~

高すぎるとソッポを向かれ、安すぎると軽く見られます...

戦略的商品(おすすめ業務)も必要かもしれませんね~

ウチの事務所の場合、相続税申告は戦略的メニューで報酬は相場よりかなり安い設定になっています。

相続スペシャリストではないのですが、知見の維持のためにはある程度の件数をこなしたいという意図からそうしています。

おお!

と、言うことは…

私は無料で、ふくやま先生の長話と長文メールの特典を
受けていることになりますね~!!

感謝感謝でございます…^^;

To くるぶしさん

こんばんは。

あまり感謝されるようなこともしておりませんが(汗)

今後ともよろしくお願いしますね~

No title

顧問料8000円?という若手の税理士さんもいらっしゃいますね~。
私の感覚からすると、とても信じられませんが・・・。
ホント、報酬というのは、悩みますね~。
ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。

月額8千円の顧問先を何件獲得すれば事務所が成り立つのでしょうかね?

本当に月額8千円だけであれば事務所は成り立ちませんし最終的に色々とオプションのような物を付けて適正報酬?にするというのであれば私に言わせるとぼったくりですね~

税理士などという職業は数字に細かい、正直、公平、偏屈もの(汗)という定評があるのですが最近の安売り合戦はど~なんだろうという気持になります。

もっとも、顧問料に対する役務提供が全くなければ月額8千円でもいいですね~
(それじゃ詐欺のようなものですけどね~)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。