スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくある質問

 千葉市の税理士ふくやまです。

 確定申告の電話相談などでよくある質問(一問一答)をちょっとまとめてみました~

Q 医療費控除は過去の領収書をまとめて申告できる?
A 過去にさかのぼって申告できますが、領収書は各年ごと個別に集計して各年単位に申告します。

Q OLの娘の医療費領収書を同居の父親の医療費控除に加えて良いか?
A 生計を一(同居)にしている家族の領収書はまとめて結構です。

Q 田舎の母親に仕送りしているが扶養控除の対象にしてよいか?
A 実際に扶養していて、母親の所得金額が38万円以下で他の扶養親族になっていなければ別居の母親も不要控除の対象にできます。

Q 源泉徴収票がもらえないのですが、給与明細で給与所得の申告は可能か?
A 収入については給与明細で申告可能ですが、源泉徴収税額の証明にはなりませんから源泉還付はできません。

Q マンションの1室を貸している不動産所得者が専従者給与(控除)を計上できるか?
A できません。不動産所得で専従者給与(控除)が認められるのは事業的規模(5棟10室以上)の場合のみです。

Q 中古マンションを購入後、リフォームして居住したが、リフォーム部分も住宅借入金控除の建物取得価格に算入してよいか?
A 算入できますし、対象となる借入金が2口あれば借入金残高も合算できます。

Q 年金収入のみ400万円以下ですが本当に確定申告をしないでよいのか?
A はい。確定申告の義務はありません。還付税額がある場合は確定申告で源泉還付しましょう。また、医療費控除等を住民税のみ受けることも可能ですからそのような場合は住民税の申告をしましょう。

 電話相談では1日に100件程度対応しますが、質問の中には回答に窮するようなものもたくさんあります。

 例えば、断片的な情報から確定的な回答を引き出し言質としたい意図が見え見えの質問~

 かくかくしかじか~ですが〇×△して良いですよね?

 このかくかくしかじか部分を詳しく聞くと事実があいまいなであったり、誤認を生み出すような(電話では判断できない)ものであったり...

 電話相談で良いと言われても実際にダメなものはダメですからね~

 本当に心配なら資料をもって税務署に行きましょう。

 この土日で確定申告書を作成される方もおおいと思います。

 確定申告の自書作成~頑張ってくださいね~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

母親も不要

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。