スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から1年

 千葉市の税理士ふくやまです。

 昨年の3月11日はおそらく日本人であれば誰しもが一生忘れられない日だと思います。

 東京下町で生まれ育った私にとっては、9月1日が「関東大震災」、3月10日が「東京大空襲」と子供の頃に近所のお年寄りから実体験を聴いて防災意識と命の大切さを教えられたものです。

 日本は地震国ですから45歳の私もそれなりに大きな地震は経験していますが、千葉でも感じたあの激しくかつ長い揺れと液状化現象、その後に起きたコンビナート火災などの恐怖は一生忘れられない実体験になりました。

 もちろん、東北地方の方々が受けた被害、恐怖そして悲しみにはとても及びませんが...

 残念なことに過去はどうやっても覆りませんから、起きてしまった事は受け入れるしかありません。

 しかし、過去を教訓として未来につなげることはできます。

 今、生きている(生かされている)私たちは後世に自分たちの実体験を語りつなげて教訓としていかなければならないと思っています。

 関東大震災や東京大空襲の実体験を語ってくれた先輩方のように...

 まだ、過去と向き合うのが辛い方もいらっしゃると思います...

 しかし、今も時は流れ続けています。

 前を向いて歩いていくだけです。

 仏教(密教)では人が亡くなると定期的に仏様が導きに現れることになっているそうです。

 初七日が不動明王

 四十九日が薬師如来

 そして1周忌が勢至菩薩

 勢至菩薩は観音様と並んで阿弥陀如来(浄土の中心仏とされています)の一番弟子のような仏様といわれています。

 あの世に行って1年、勢至菩薩が現れて悟りの世界に入っていくと言われています。

 本当に多くの人命が失われてから1年目の今日...

 勢至菩薩真言「おんさんざんざんさくそわか」

 光明真言「おんあぼきゃべいろしゃのうまかぼだらまにはんどまじんばらはらばりたやうん」

 震災犠牲者の方々へ心よりご供養お祈り申し上げます(合掌)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

さすがです!

3・11の事、いろんな方がブログに書いておられます。
世の無常を救うものは宗教かもしれません。

ふくやま先生の写真がだんだんとお坊さんに見えてきました。
よき税理士は宗教家でもあるかもしれません。

人の苦悩を救う言葉を持っていなければいけないのかもしれません。
感心いたしました。

No title

私も、午後2時46分のサイレンと共に、
犠牲者の方々のご冥福と被災地の復興を祈りました。
ポチッ!

>前を向いて歩いていくだけです。

本当にそうですね。
前だけ向いて、行きましょう。生きましょう。

To りょうどうさん

おはようございます。

宗教に生活を振り回されては本末転倒だと思いますが、宗教観を生活のよりどころにすることは決して悪いことではないと思っています。

私は仏教徒(真言宗)ですがキリスト教でもイスラム教でも祈る心は全く同質だと思っています。

To しんめいさん

おはようございます。

多くの人々が祈ってくれているということが、被災地の方々への励ましになると思います。

復興への祈りですね。

To ヤマトさん

おはようございます。

前進あるのみですよね~

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。