スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人だけの税理士事務所の強み

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチは税理士1名、従業員0名の1人事務所です。

 税理士事務所は零細なところが多いようでウチの事務所のような1人事務所というのは結構あるようです。

 よその事務所のことはよくわからないのですが...

 1人だけの税理士事務所というのはそれなりに存在価値があるというのが最近の正直な気持ちです。

 例えば、お客さんへの対応も必ず私(税理士)が対応するというのはお客さんにとって大きな安心感を提供できると思いますし、ハッキリ言って人件費がかかりませんから余計な仕事も私が頑張ればなんとかなってしまうようなところもあります。

 ウチの報酬は高くはありませんが安くもありません。

 安くもないと言ったのは絶対的な金額の話しで、相対的に考えると毎(隔)月税理士が事業所等を訪問してお客さんのモロモロな相談に対応して、臨時的な業務もほぼ追加報酬なして対応してというとこれはどうなんでしょう?

 お客さんにとっては1人事務所と契約するメリットは大きいと思うのは自惚れでしょうか?

 ウチのようなスタイルの経営の場合、現状の業務品質を維持したままで拡大できるのはせいぜい入力担当者1名の増員までだと考えています。

 それ以上の拡大は志の近い税理士を新規に雇用するしかないと思っています(これは言うは簡単ですが実行するのはとても難しい)。

 税理士1名に事務員が数名という場合、どうしても事務員の業務領域が大きくなってしまいます。

 事務員には作業はさせても業務はさせられないというのが私の基本的な考え方です。

 それでは税理士がたくさん在籍する大規模事務所はどうかというと...

 個人的には大規模事務所の強みはやはりあると思っています。

 多くの税理士の知見が集約されているでしょうし、取扱い業務の量も多いでしょうし、もしかすると規模を生かした効率的な業務体制を構築して価格的にも強みを発揮できるかもしれません。

 これからの税理士業界は多くの税理士が結集して効率的な業務をウリにした大規模税理士法人のようなスタイルと税理士の個性やきめ細やかなサービスをウリにした1人(事務員1名程度)事務所の二極化が進むような気がします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 ウチの事務所は1人事務所(増えても事務員1名)のスタイルを極めて行きたいと考えています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは

私も1人事務所(妻が作業)です。

税理士本人が担当するメリットを考えてこの形に落着きました。

税理士vs事務員なら、料金は相対的には安いのかもしれませんが、
現実はなかなか料金UPは言い出せないですね~。
関与先様が儲かった=料金UPっていうのも違う気がしますし。

お腹一杯(限界)までの関与先数になることを夢見て日々精進です。

To 税理士いとうさん

こんにちは。

奥様が作業(会計ソフト入力や雑務)を担当していただけるというのは1人事務所では重要なポイントのようですね。

ウチは妻が簿記・会計はまったくダメですから現在も1人で入力から全部行っています。

そろそろ入力担当者を雇わないとお客さんに迷惑をかけるおそれもでてきましたのですが...

人を雇うというのは実に悩ましい問題ですね~

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。