スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーレント

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ここ数年ですが、アパートなどの募集で「フリーレント」という表示が当たり前のようになってきました。

 「フリーレント」というのは契約時の最初の1~2か月分について家賃が発生しないという特約なのですが、これは大家さんにとってはかなりの打撃になります。

 募集仲介する不動産屋さんはフリーレントの有無で仲介手数料が変わるわけではありませんから同一地域でどこかが「フリーレント」を始めると収益性を度外視して街中が「フリーレント」になってしまいます。

 この「フリーレント」は単純に賃料の棒引きというだけではなく賃貸契約期間の短縮化という効果も生み出してしまいます。

 以前なら、契約更新時期に新たなに部屋を移動すると再度、敷金・礼金などの初期費用が必要になりましたが、現在は敷金はあるものの礼金0でフリーレント2か月などというような物件もある位ですから、引っ越し費用などの問題はあるものの2年契約満了時にアパートを引っ越して新規契約するというケースが増えてきます。

 大家の方は新規契約のたびにフリーレントです...

 こういう状況はですね...

 短期的には賃貸住宅市場の低価格化という効果が先行するのですが、長期的には賃貸住宅市場への新規参入の減少という効果が顕在化してきます。

 そうなると賃貸住宅の供給量も減ってきますから、賃貸料は上昇します。

 さらに、新規物件は希少性が高くなるのでボロイアパートでも家賃が高止まりすることになります。

 これらの価格は市場が決定するものですから、今のフリーレントの流行もある意味必然性があったのだと思いますけど...

 集団催眠のようになんでもかんでも低価格化というのは健全な経済活動という面では少々モヤモヤしてきます。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

そういう原理ですか。
ここら辺りは、物件が余って、賃料が下がってる地域もあります。
賃貸アパート経営も大変ですね~。
ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。

物件が余っているのであれば賃料が下がるのは理屈ですね~

怪しいときは参入時に需要調査を行うことが大切ですね。

借金してアパートを建てると返済が始まりますからね...

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。