スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにごとも夫婦平等がよろしいようです

 千葉市の税理士ふくやまです。

 日本という国はつい最近まで男性が収入を得て女性が家庭を守るというスタイルがスタンダードでした。

 したがって、生命保険の保障設計も一家の大黒柱のお父さんを中心に考える傾向が強いようです。

 確かに夫婦共働きが一般的になったとはいえ、男女の収入格差は依然としてあるようですから、ある程度仕方のないことなのかもしれません。

 しかし、夫婦で保障内容があまりにアンバランスだと本当に何かが起こった時に困ることになりかねません。

 ウチの事務所の場合、保障設計については以下のようなご説明をするようにしています。

・万が一の終身保険は葬式費用なので保障額は夫婦平等で考える。
 貯蓄性が高い終身保険はどうしても保険金額に対する保険料がお高くなります。
 だからといってご主人だけ終身保険に加入するのは片手落ちです。
 予算上の制約があるのなら保障額を減らしてでも夫婦平等で加入したいものです。
 なぜなら、人間は必ずお亡くなりになりますのでお葬式費用も必要です。
 ご主人の葬式費用は必要だが、奥さんの葬式費用は不要という理屈はありません。

・死亡保障に偏らずに生きていくための備え(特にがん保険)は夫婦ともに加入する。
 何度も書いていることですが、病気の中でも「がん」は特別な病気です。
 現在はがんも治る病気ではありますが、長期間の治療が必要ですし、治療に要する費用は相当額になります。
 病気と闘うにもお金が必要です。 

・生活保障(死亡保障の定期保険)は必要最低限の保障額をしっかりと認識する。
 遺族年金の額や残された方がどの程度の収入を得られるのか、生活に必要な金額をしっかりと見積もることが重要です。
 この保障を大きく見積もるのが好きな保険屋さんも多いのですが、個人的には必要最低限の保障にとどめて、仮に資金的に余裕があるのであれば介護年金保険などを検討いただくようにしています。

 生命保険は安心した生活を維持するための必要なコストですが、無駄な保険料は支払うべきではありません。

 ただし、なにが必要でなにが不要なのかという判断は個人の価値観により大きく異なります。

 個人の価値観について押し売りはできません。

 保険商品の正確な情報とライフプランに必要な情報をお客さんに提供してしっかりと判断していただくということだと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

法人の役員などに奥さんもなっていれば、保険に入っているケースが多いですが、

そうでない場合、ごく少額の保険しか入っていない場合が多いですね。

今は共働きも多い時代ですから、奥さんもしっかり入っておくべきでしょうか。

No title

ライフコンサルタントですね~。
ポチッ!

To 根岸さん

おはようございます。

男女に関係なく終身保険(お葬式費用)とがん保険は入っておきたいですね。

どちらも一時に費用負担が発生しますから...

もっとも預貯金が1000万円以上あるような場合なら話は違いますが...

To しんめいさん

おはようございます。

終身保険やがん保険は最低限の保障になります。

その先からが経済状況や個人の価値観などに応じて設計する領域になりますね。

私は介護年金保険がもう少し注目されても良いのではと思っています。

No title

ガン保険って難しいですよね。

今までは、
手術給付金+診断一時金+入院日額保障が中心でしたが、
治療技術の進歩のおかげで
入院せず通院で治療するケースも増えてきているようですので・・・




To 税理士いとうさん

おはようございます。

今までのがん保険は入院後の通院のみ保障だったのですが、最新のがん保険は通院のみでも保障されるものがあります。

保険商品もどんどん進化しているので、ドラスティックに保障が変わった場合は見直しも必要といえますね。

特約まで考えるとがん保険も難しいです。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。