スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算作業でいつも思うことです

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士という仕事は毎月のようにお客さんの決算作業を行っています。

 どの会社も程度の差はあれど会計内容に関与していますから、決算作業をしていてもアレコレと思いだすことが結構あります。

 それでも決算作業をしていると計画通りにコントロールされた決算と成り行き任せの決算の違いを感じます。

 ちなみに全部、私が関与しているのですけど(汗)

 決算期の半年前位から色々な課題を抽出して決算予想を立ててですね...

 事業計画と決算予想を目標どおりに達成しようという気持ちが強い社長さんの場合はやはり、最終形の決算書もすっきりとしたものに仕上がります。

 理想は全てのお客さんにそういう決算を組んでいただきたいのですが、実際にはなかなかそうはいきません...

 やはり、自分で記帳をしてですね、税理士に言われなくても常に残高試算表や経営指標をチェックするくらいでないとアレですね...

 そうはいっても記帳代行など経理は税理士に丸投げでも儲かっている会社はたくさんあります(汗)

 ここが難しいところで...

 それでも大事なのは社長の経営に対する目標(短期的~長期的なものまで様々)の実現のために最適な処理を検討することです。

 それが他人には理解されなくてもですね...

 経営の全責任は社長がとるわけですからやはり社長の判断がすべてですね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【決算作業でいつも思うことです】

 千葉市の税理士ふくやまです。 税理士という仕事は毎月のようにお客さんの決算作業を行っています。 どの会社も程度の差はあれど会計内容に関与していますから、決算作業をしていてもアレコレと思いだすことが結構あります。 それでも決算作業をしていると計画通りに...

コメント

No title

こんばんは。

いわれる通り、毎月月次試算表をチェックして決算の着地点をどのようにするか、したいか考えているところと、資料がなかなか揃わず決算が到来・・そこで初めて利益がでるか否かが判明・・と2パターンに分かれますね。

そこで、黒字→納税→どうにかならないか?と言われても・・できることは限られますよね・・。

最初のうちは、お金がない=利益がでていないと思い込む場合がありますので、その辺はよく説明しないといけないですね~。

To 根岸さん

こんにちは。

確かにキャッシュの状態と所得金額は別ものですからね(汗)

小規模会社に多い役員借入金(貸付金)などもありますから経営者には余計に分かりづらいところですね。

納税額が独り歩きすることも多いです...

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。