スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部自分でやることが本当にお得なことなのか?

 千葉市の税理士ふくやまです。

 最近は世の中すべてが経費節減というか、お金をかけないことが美徳のような風潮が強いように感じます。

 士業サービスも低価格化と依頼業務の縮小という傾向はかなり色濃く感じます。

 例えば、法人の設立を考えてみると...

 定款作成は行政書士に依頼~

 商業登記は司法書士に依頼~

 税務署関係の諸届は税理士に依頼~

 社会保険や労働保険の手続は社会保険労務士に依頼~

 というように1つの会社を立ち上げるにも複数の士業が連携して手続を進めていくのですが...

 最近は電子定款のみを行政書士に依頼(電子署名のみ)してあとは全て経営者本人が手続をするというケースも相当に多いようです。

 確かに自分でできる事は自分でやればその分は専門家報酬が節約できますから、そのこと自体は決して悪いことではないと思います。

 インターネットで検索してみると手続の解説や必要な書式等が結構簡単に手に入りますし(汗)

 ただし、本来は専門家がお引受するような領域の仕事というのはやはり法律的な知識が必要な場面があちらこちらにあるのも本当のことです。

 そういう時に何度も関係官公署に出向いて担当官殿に指導を仰ぐ方もいらっしゃるでしょうし、自己流で手続を強引に完結させてしまうという方もいらっしゃると思います。

 それでも不安ですよね...

 実際のところ税務手続だけに限って言えば、経営者が自力で諸届等を行った場合、税務署に開業届は提出してあっても青色申告の承認申請書は提出していなかったり、源泉関係の手続を忘れていたりということがとても多いです。

 青色申告の申請には期限がありますから、第1期決算後に税理士にご相談いただいてもそれから提出する青色申請は第3期からのものになってしまいます。

 その他にも定款に事業年度の定めがないということもたまにあります。

 そのような時は、株主(設立)総会等で事業年度を議決しなければならないのですが、役員報酬なども含めてまったく放置状態だったり(汗)

 手続の不備で思わぬ負担を強いられることもあるということです。

 税理士でも期限のあるものについてはどうしようもありません。

 経営者自らが諸手続き全般を勉強された上で、あえて専門家サービスを受けないというようなことはあっても良いですし、勉強したことは今後の経営にも役に立つことも多いと思います。

 しかしながら、単にコストだけを考えて専門家サービスを受けないというのは、本当にお得なことなのかよく考えるべきかもしれません。

 経営というのは終わりのない旅です。

 終わりがないのであればこそ準備万端でスタートしたいただきたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【全部自分でやることが本当にお得なことなのか?】

 千葉市の税理士ふくやまです。 最近は世の中すべてが経費節減というか、お金をかけないことが美徳のような風潮が強いように感じます。 士業サービスも低価格化と依頼業務の縮小という傾向はかなり色濃く感じます。 例えば、法人の設立を考えてみると... 定款作成は?...

コメント

No title

こんばんは。

設立登記は自分で~という方は多いですね。

ただ、税務上の届け出をしていなかったり、役員報酬と役員貸付がごっちゃになっていたり・・消費税の原則・簡易はまず理解されていない場合が多いですね。

それでも設立1期の決算日前ならまだ良いのですが、ご指摘の通り第2期に入ってからのご相談が多いのも現状です。

節約したつもりが、帳消しというか逆に損してしまっているのは何とも残念です~。

To 根岸さん

おはようございます。

法人は設立前~設立時にいろいろと検討することが重要なんですけどね...

税理士もお付き合いする前ではどうすることもできませんから歯がゆいですよね。

No title

確かに電子署名以外は、
全部ご自分でやられる方もいらっしゃるでしょうね。
コストを考えれば、デキル方ならがんばれてしまうと思います。

それでも専門家として必要とされるよう、手間の部分だけでなく
正確なお仕事をこなさなければいけませんね。
これはある意味当たり前なんでしょうけど…。

精度を上げていかなくては。
がんばります…^^;

To くるぶしさん

こんばんは。

業務(成果物)の精度はとても重要ですけど究極的に専門家い求められるのは依頼人の要件を具象化する能力のような気がします。

日々精進ですね~

No title

おはようございます。

税務上の不利を伝えなければならない時って、少々辛いですね。

税理士って審判とプレーヤーの部分があると思っています。
継続関与の場合は、プレーヤーですので結果は分かりませんが、お手伝いの機会をいただいた関与先様には、より良い結果に向けてサポートしていきたいものです。

本当によくある話なので、ポチッ。

To 税理士いとうさん

こんにちは。

特にお付き合いを始めたばかりのお客さんへは税理士としてどうしようもないことではありますが、頼っていただいているのに~残念~という気持ちになりますね。

期限を過ぎてしまうとどうしようもないことが多いですからね。

No title

税理士ふくやま様
パン、お世話になってマス!

社労士は手続きだけでは全く生きていけないように思います。私は手続きはオプション、基本は労務コンサルです。

To 社労士かみむらさん

こんばんは。

いつも大変お世話になっております<(_ _)>

決算・申告手数料だけでは税理士事務所が成り立たないとの同じですね。

ウチのお客さんは小規模法人中心なので早く社労士さんのサポートが必要になる規模まで成長していただきたいです。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。