スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての融資を受けるには

 千葉市の税理士ふくやまです。

 経営は「ヒト・モノ・カネ」といわれますが...

 常に経営者を悩ませるのは「カネ」であることが多いと思います。

 仕入を行うにも経費を支払うにもまずは先立つものが必要です(汗)

 起業にあたっては自己資金で賄えることが理想ではあるのですが、実際には創業時から融資を受けることがほとんどです。

 ただし、起業間もない(もしくは起業前)経営者が丸腰で金融機関に飛び込んでもお金を貸してもらえることはまずありません...

 実績のない新設法人が融資を受ける方法はかなり限られていて、自治体の制度融資や日本政策金融公庫の創業者融資が代表的なものになります。

 よく相談を受けるのが自治体の制度融資と日本政策金融公庫の創業者融資のどちらで融資を申し込むべきかということなのですが...

 これはなかなか難しい質問でして(汗)

 世の中には融資のサポートに積極的な税理士とそうでない税理士がいてですね、積極的な税理士にはこれまた相性の良い金融機関があったりします。

 幸いにして融資のサポートに積極的な税理士とお付き合いしていれば、その税理士のセンスというか経験に頼るのが一番だと思います。

 ちなみに、ウチの事務所は日本政策金融公庫を融資申込みの第一候補に検討します。

 日本政策金融公庫の良い点は保証料が不要ということと、しっかりとした事業計画を示せば創業者融資の場合、無保証人無担保でも融資が可能ということです。

 一方で自己資金の内容などはかなり細かくチェックされたりしますし無保証人・無担保の場合は利息が少々お高くなるというようなことは考慮しなければなりません。

 返済期間が原則5年というのも重要なポイントです。

 では、ウチの事務所は制度融資をまったく検討しないのかというとそうではありません。

 制度融資の場合は信用保証会社(通常は信用保証協会)の保証が融資条件になりますから、いかに保証会社が納得できる資金計画を示せるかというところがポイントになります。

 また、約定利息は低くても保証料が必要になるというところは重要です。

 しかし、保証会社の保証を受けるということは保証人をお願いできる方がいない場合にはとても有難いことなのでこういった点をモロモロ考えてどちらに申し込むのかを判断するということになります。

 ここで重要なのが、事務所の方針でして...

 ウチの事務所はマジメに透明性の高い決算を指向していますから、金融機関にも表裏ない情報を提供するようにしています。

 結果的に正直な対応が一番信用されると考えています。

 しかしながら、正直なデータを金融機関に示すということは課題も顕在化することが多い訳で...

 正しい言い訳をすることもとても重要な要素だったりします(汗)

 ということで、ウチの事務所は金融機関への融資対応はフルサポートすることにしています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【初めての融資を受けるには】

 千葉市の税理士ふくやまです。 経営は「ヒト・モノ・カネ」といわれますが... 常に経営者を悩ませるのは「カネ」であることが多いと思います。 仕入を行うにも経費を支払うにもまずは先立つものが必要です(汗) 起業にあたっては自己資金で賄えることが理想ではあ?...

コメント

No title

正直にありのままが、信頼を勝ち取るんですね~。
ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。
金融機関に信頼を得ることは重要だと思いますが、信頼だけでは融資は受けられないことも本当の話でして(汗)
事前に無理な計画を見直すというこも大切だと思います。

No title

おはようございます。

うちの事務所のお客さんは、設立登記済みで、かつ融資も既に受けているというパターンが多いです・・みなさん優秀です。

実際、私の方が融資サポートまで手が回らないというのが実情ですが・・

でも中には、自己資金10万円で1,000万円借りたいというご相談も・・もちろん無理ですーというお話はしましたが(結局、顧問契約に至らず・・)。

日本政策金融公庫か制度融資か・・どちらが良いかはケースバイケースだと思いますが悩ましいところですね。

To 根岸さん

おはようございます。
起業時に自力で融資まで対応済みの社長さんは優秀ですね。
おそらく経理なども自主的にきちんとされているんのでしょうね~
そういうお客さんばかりだと税理士も知的な領域の業務に専念できますね。
公庫か制度融資かは本当にケースバイケースだと思います。
税理士としては社長さんにメリット・デメリットを理解いただくことが第一だと思います。
「先生におまかせします~」というのが正直なところ一番キツイですね。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。