スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士業界のIT化~本命はクラウド?

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士業界というのは比較的IT化が進んでいると思います。

 これはですね、税理士がITに詳しいということを言っているのではありません。

 税理士という業務がIT化に適しているというだけのことです。

 IT化の効果には合理化と高度化があります。

 税理士業務のIT化は特に合理化という面で大きなメリットがあると言えます。

 例えば、会計ソフトの導入を考えてみても、紙の伝票、補助簿、総勘定元帳、試算表に決算書など...

 手書き作成したものをさらに転記していく作業を会計ソフトは1回データを入力するだけで、整理・集計を自動的に行ってくれます。

 手書きの帳簿と決算書と会計ソフトの帳簿と決算書では最終的に出来上がるものは同じです(見た目はべつですが...)。

 つまり、会計ソフトの導入というのは業務の合理化とはっきり言えます。

 では、高度化という面ではどうでしょうか?

 高度化というのは新たな付加価値の創造です。

 ITによる高度化を目指すにはシステムにどのような情報を入力してその情報をどのように加工してアウトプットするのかということを考えなくてはなりません。

 これを業務要件の定義というのですが...

 業務要件の定義というのはシステムエンジニアだけが頑張ってもできるものではありません。

 システムユーザーである税理士もシステムを意識した機能要求を提示する必要があります。

 こういう領域では大手の会計システム業者さんなどが色々と研究していると思いますが、個々の税理士事務所がITによる高度化を実現するのはなかなか難しいのではないでしょうか?

 税理士業界はかなりの高齢化業界といわれています。

 平均年齢が65歳といわれているのですが、そういったシニアな業界では合理化のために必要なシステムユーザーとしての知識もなかなか...

 ここで、税理士業界のIT化に大きな役割を発揮するのではと期待されているのがクラウドコンピューティングです。

 個人事務所ではなかなか構築が難しい、顧問先との会計データの共有などが安価かつ容易に実現できます(税理士事務所のコストは安価です...)。

 しかも難しいソフトウエアの設定なども不要(システム会社のサーバ内にあるアプリケーションを利用するのでいつでも保守されたシステムが提供される。)でデータの保守性も堅牢(少なくとも顧問先や税理士事務所のハードディスクよりは格段に信頼できる。)です。

 今後は会計システムのクラウド化は相当の勢いで拡大すると思います。

 それでも課題がない訳ではありません。

 クラウドシステムの利用には相応の課金があります。

 色々な料金体系があるようですが定期的かつ永遠に必要なコストですから、一層の低価格化が求められるところだと思います。

 さらに、セキュリティについても万全を期したいところです。

 これはシステムというよりも人間系の問題も大いにあると思います。

 新聞紙上を賑わす情報漏えいはシステムのエラーというより悪意を持った内部の職員に原因があることが多数です。

 そうはいっても税理士業界のIT化...

 本命はクラウドだと思います。

 ちなみにウチの事務所でも今後はクラウド会計を導入する方向で検討しています。

 コスト的にパッケージソフトよりも割高になるようなので、あくまでも興味のあるお客さんに対して試験的なサービスということですけど...

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【税理士業界のIT化~本命はクラウド?】

 千葉市の税理士ふくやまです。 税理士業界というのは比較的IT化が進んでいると思います。 これはですね、税理士がITに詳しいということを言っているのではありません。 税理士という業務がIT化に適しているというだけのことです。 IT化の効果には合理化と高...

コメント

No title

税理士界もクラウドなんですね。
確かに便利かもしれませんね。
時代に対応できるふくやま先生はすごいですね。

ところで、私は為替の自動売買をしています。
この分野ではレンタルサーバーが主流です。
これはネット上のPCで、VPSというクラウド類似のものがあります。
月2000円でネット上のPCが使える感じです。

ふくやま先生が想定しているクラウド税理士の実現も遠くない現実の世界かもしれませんね。

No title

こんばんは。

確かに本命はクラウドでしょう。

クラウドのメリットの一つとして、顧問先さんと即時に最新のデータを共有し、経営判断に役立てる・・。

ただし、税理士の中でも温度差がありますし、また顧問先さんの中にも温度差がありますよね。

問題は、自計化していない顧問先さんもまだ多く、そのメリットを享受するまでに至っていない、というところもあると思います。もちろん税理士の中にもクラウドって何?という意識の方もいるかもしれませんが・・。

これをいつのタイミングでやるのか~思案中です。

No title

うちの税理士事務所さんも、クラウドに着手しています~。
ポチッ!

To saru999さん

おはようございます。
ホスティングサービスでのVPS活用のメリットはコストですね。
10年前を考えると仮想化技術の進歩はすごいと思います。

To 根岸さん

おはようございます。
既存顧問先をクラウド化するのに一番の問題はデータ移行だと思います。
顧客(税理士事務所)にある会計データをどのようにしてシステムベンダーのサーバに移行するのか...
したがいまして、まずは新規顧客からということになると思います。
会社と自宅のどちらでも会計入力を行うような顧問先の場合はクラウド化によってかなり効率化できると思います。

To しんめいさん

おはようございます。

おおっ!

いち早くクラウド化とは先進的ですね~

No title

こんにちは^^
とても参考になりました。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。