スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税の流れが見えてきました

 千葉市の税理士ふくやまです。

 報道によれば与野党で税と社会保障の一体改革について修正協議が整ったそうです。

 要するに消費税増税法案が国会に提出されて可決して...

 消費税が増税される流れがはっきりと見えてきたということです。

 増税の是非については賛否両論のようですが、街の税理士としては増税されるのであればどのような内容で改正されるのかというところに興味が移ります。

 単純に税率をアップするだけなのか?

 簡易課税制度や免税点制度も見直されるのか?

 複数税率や戻し税?のような制度は採用されるのか?

 経営者の方は常に実感されていると思いますが、消費税の納税は本当に厳しい...

 理屈の上では売上高の5%は消費税として預かっているお金ですが、資金繰り上、売上の5%をストックすることが出来る企業は少ないと思います。

 5%でも厳しいところですが...

 仮に消費税が10%になったとしたら資金計画は大きく見直す必要がでてくることは間違いありません。

 特に、今までは会社中のお金をなんとかかき集めて納税していたような会社はさすがに対応できなくなると思います。

 資金計画の見直し=経営の見直しです。

 くどいようですが、消費税という税金は利益に課税される税金ではありません。

 売上高に課税される税金です。

 売上高というのは極めて直接的に認識されますから利益と異なり節税を目的にコントロールすることが困難です。

 したがって、健全な企業成長のためには納税資金の確保が一層重要なポイントになるということです。

 売り上げは省けませんから、納税資金のために何を省くのか?

 悩ましいですね...

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【消費税増税の流れが見えてきました】

 千葉市の税理士ふくやまです。 報道によれば与野党で税と社会保障の一体改革について修正協議が整ったそうです。 要するに消費税増税法案が国会に提出されて可決して... 消費税が増税される流れがはっきりと見えてきたということです。 増税の是非については賛否両?...

コメント

自動車取得税

修正協議の中身には、
自動車取得税の事も含まれているようです。
マスコミが消費税メインで報道しますけど、
自動車取得税は私の仕事に少し関連するので
報道してほしいところです。
ネットのニュースによると、
車を購入するとき、消費税と自動車取得税の
双方を課税するのは二重課税ではないか、
という議論が出ているようです。

税と社会保障の一体改革ですから、私共にも大いに関わる問題と認識しております。

一から勉強し直す覚悟で…。
と言いつつ、既にちょっと頭痛が…。

No title

私も取引先の販売店の資金繰りをやらされています。
経理の基礎もわからぬ者に、月次決算の管理をし、資金繰りを立てる仕事は、なかなかしんどいものです。税のために毎日働いてるようなものです。税理士さんに、相談しながら、なんとかやっていますが、税って奥が深いですね。また、どうあがいても税の網にとらえられてしまいます。いろいろ参考にさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

No title

見えてきましたか~。イヤですね~。
でも、来るんですね~。やはり、イヤですね~。
ポチッ!

To 草食系行政書士さん

おはようございます。
消費税に係る二重課税の問題はいろいろあります。
本当は伝統的な間接税(出荷時課税)を廃止して新しい間接税(付加価値税)に移行するのが筋なのですが、消費税はスタート時に3%だったので税収面で間接諸税を廃止できなかったのが今に続いていると言えます。
個人的には消費税も10%~という時代になれば間接諸税の全面的な見直し(廃止等)は必要だと思います。
特に揮発油税、軽油引取税などは税率も高いので負担が大きい(不公平)です。

To ヤマトさん

おはようございます。
これからの社会保障制度や税制は先行き不透明と言わざるを得ません。
政治(政局)に関心はありませんが、安定的な政策立案(立法)機能がなによりも求められていることは間違いありません。

無題さんへ

コメントありがとうございます。
取引先の資金繰りサポートというのは大変ですね。
実際には世の中赤字法人がゴロゴロしていて節税に知恵を出す機会は意外と少ないのが街の税理士の実態だったりします。
そういう中でも消費税は確実に納税額があります。
消費税は理屈抜きに事業者の負担感が大きいですね。
しかし、消費税からは逃げられないので意識の転換が大事だと思います。

To しんめいさん

おはようございます。
消費税の増税は仕方が無いのですが、具体的な改正内容が早く知りたいですね。
その他の税目も含めて今年の税制改正は大きく動きそうな気がします。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。