スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続の悩みは人それぞれ

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士が相続についてご相談をいただくタイミングはかなり幅があります。

 相続発生後にご相談をいただく場合もありますし、「相続なんてまだまだ先の話しですね~」というような段階からご相談をいただくこともあります。

 相続発生後にご相談をいただく場合は相続税の申告書作成がメインで申告に必要な財産評価なども既にある事実がベースになりますので正確な財産の把握と評価がポイントになります。

 一方で相続発生前にご相談をいただく場合は将来被相続人になるであろう相談者の悩みといいますか、意思によって業務の内容はかなり広がります。

 相続発生前といっても相続まであとどの位の時間が残っているのか?(もちろん人間の寿命は誰にもわかりませんから相談者の意識ということです。)

 相続までそれほど時間が残っていないという前提とまだまだ相当に先のことだろうという前提とでは、提案するメニューも異なってきます。

 この相続発生までの時間という要素はとても重要な要素ですが、他にも重要な要素はあります。

 例えば、相続分(誰にどの財産をどの程度残すのか?)や絶対に残したい財産があるというような場合もあるでしょう。

 相続税の税額がどの程度かかるのか?という疑問の前には相談者の根本的な悩みがあることが普通です。

 単純に相続税を節税するには~という「方法論」も大事ではありますが、相続についての悩みの最優先事項が相続税額であるとは限りません。

 そうは言っても税金はお安いほうが良いわけですから、現状の財産をしっかりと把握して相続の態様ごとに納税額見込みをお示しして、「やはり税金を考えると〇〇のほうが良い~」というようなことになることもあるでしょう。

 検討する時間があるということは課題について多くの選択肢を得られるということであり、課題(悩み)の優先順位も見直すことができるということです。

 また、相続発生前でしか出来ない事に「遺言」があります。

 税理士は遺言のサポートはできませんが、提携する行政書士がしっかりとサポートいたしますし、同じように必要に応じて弁護士や司法書士もご案内できます。 

 一見、面倒なことではありますが、相続発生後では悩む時間も選択肢も限られてしまいます。

 まだまだ先の相続を考えることは悪いことではありません。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。