スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックと所得税

 千葉市の税理士ふくやまです。

 オリンピック真っ盛りですね~

 今回は金メダルこそ少ないもののメダル獲得数は素晴らしい成果を残していると思います。

 頑張れ日本!

 と...

 応援しつつも税金の話題に無理やりこじつけたりします(汗) 

 ご存知のとおり、オリンピックでメダルを獲得すると報奨金が頂けたりします。

 泣くほどの努力の末に得た勲章ですから、オリンピックの名誉は金には代えられないといったりしても、それはそれで嬉しいものだと思います。

 これ、所得税は非課税です~

 所得税法(9条)のなかで非課税となるものが列挙されていますがその中にオリンピックの報奨金やノーベル賞の賞金や国内宝くじの当選金などがあります。

 非課税の規定は担税力が認められないことに由来するもの(損害賠償金等)や二重課税防止に由来するもの(相続財産)など理由は様々ですが、オリンピック報奨金やノーベル賞の賞金などは国民感情に由来するものといえます。

 オリンピックの報奨金などは本来は担税力も認められますし、二重課税などの恐れもありませんが、多くの国民の「そんなものに税金をかけるのはいかがなものか~」という世論を受けて非課税になっていると思われます。

 オリンピックで頑張ったのだから報奨金は非課税~

 ほとんどの国民が理解を示しているということなのでしょう。

 同じようにオリンピックで頑張った結果として...

 芸能界デビューというのも少なくありません。

 ここで芸能事務所から支払われる専属契約一時金は非課税ではありません。

 非課税ではありませんが、場合によっては平均課税(臨時所得)の適用が受けられる可能性があります。

 平均課税を適用すると税率はググッ~と低くなりますが、これはオリンピックで頑張ったからではなく専属契約による一時金が臨時所得の対象になるからです。

 もっとも契約金と名のつくものが全て平均課税の適用を受けるのかというとそういうわけでもありませんから、該当するような一時金を受取った場合は信頼できる税理士に是非、ご相談いただきたいですね。

 ミーハーでマジメな税理士はいつでも喜んでご相談に応じます~

 (体操選手でも水泳選手でも陸上選手でも卓球選手でもバドミントン選手でもウエートリフティング選手でもフェンシング選手でも柔道選手でもボクシング選手でもアーチェリー選手でも喜んで~)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
私もミーハーですが、そういう税理士には依頼は来ないのかもしれません。(笑)
オリンピックの報奨金の非課税は、確か水泳の岩崎恭子さん(当時中学生)が一時所得になるということで取扱いが変わったような…。
実は3年程前の小学6年生向けの租税教室のネタで使った記憶があります。
オリンピックの報奨金は非課税ですが、世界選手権の報奨金は課税対象とか…。
少年少女の興味を引くのもなかなか大変で、そんなネタを使っちゃいました。
ポチッ。

To 税理士いとうさん

おはようございます。
そのとおりかも知れませんね(笑)
子供たちはシビア(お愛想でウケることは絶対にない)ですから租税教室は色々な意味で真剣勝負ですね(汗)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。