スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドストレージを導入しました

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所はノートパソコンで作業していますが、データそのものはUNIXで構築したサーバで管理しています(貧乏事務所ですからシステムは自分で構築しました...)。

 会計データなどはノートパソコンが壊れると会計ソフトが動かないので一時的に処理できなくなるものの(昨年の年末にノートPCのHDD障害が発生してエライ目にあいました...)データが消えてなくなるということはまず考えられません。

 しかし...

 システムというものは日々劣化していくものです(汗)

 特にHDDはいくらサーバ用の丈夫なものであっても必ず寿命が尽きて壊れてしまいます(滝汗)

 複数のHDDに記録するような仕組みを作っているのでHDDが全部一気に壊れない限り安心ではあるのですが、数年間隔でハードウエアを更新する必要があることには間違いありません...

 信頼できる製品を使うのでこのコストは結構必要だったりします(涙)

 そこで...

 将来に向かってデータ管理を見直そうと思い立った次第です。

 たまたまノートパソコンも更新したり、入力担当者が増えて会計ソフトのライセンスも追加するというようなきっかけがあったものですから、モノはついでではありませんが...

 試験的にクラウドストレージを導入してみました。

 早速、ノートパソコンとファイルサーバなど既存システムとの接続を行って、今朝からシコシコと動作確認テストを実施していたのですが...

 なんということでしょう~

 クラウドストレージということでファイルのIOスピード(input outpotの速さ)は正直期待していなかったのですが、まったく問題なく快適に動作してしまいました。

 例えばクラウドストレージ上の弥生会計データを普通に起動・操作してみてもまったくストレスがありません。

 これならクラウドストレージをお客さんと共有して弥生データの共有も楽勝だと思います。

 もっともスタンダードバージョンでは同時起動の制限があったりするので実際に運用するには慎重に検討していく必要がありますけど...

 また、クラウドストレージに複数のお客さんごとの個別ファイルを割り当てて権限管理を行うにはちょっと工夫が必要ですし(汗)

 ちなみに工夫をしなくてもシステム屋さんにシステム利用料をお支払すれば解決するのですが(滝汗)

 だいたい年間利用料で1社2万円程度の負担で快適なクラウド環境が構築できそうです。

 このために顧問料2千円値上げ~

 こういう値上げはなかなか認められそうにありませんからなんとか無料で快適かつ安全に運用する仕組みを考えていきたいと思っています。

 貧乏事務所は知恵で勝負です(涙)

 最後に一言...

 自分でクラウド環境を活用したデータ共有システムを構築することはそれほど難しいことではないのですが、システム利用料等のコストを考えるとベタにクラウド会計システムを導入したほうがお安かったりします(汗)

 ということで、この検討は弥生会計のインターフェイスに慣れてしまって他のソフトには乗り換えられないけれどクラウドシステムを利用したデータ共有やファイル管理を行いたいというお客さんのためということになります。

 早い・安い・うまいというのは素晴らしいことですが、結構大変ですね~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
詳しいと色々出来るのですね~。
私はあまり詳しくないので、割り切って会計システムの担当さんにお任せしています。(結構、知らぬ者の強みで無茶言っていますが…)
ただ、同じ(?)なのが貧乏事務所なこと。
なので、とことん任せて浮いた時間で稼ごうと頑張る毎日デス。
ポチッ。

No title

こんばんは。
うちも基本は会計ソフト業者にまかせております。バックアップは業者専用のオンラインストレージを利用しているので、2~3分でバックアップは終了します。
まあ、クラウドによるデータ共有まではしておりませんが、いずれ必須のサービスになるでしょうね。
自分でやればコストも抑えられるでしょうが、そこまで詳しくないので逆に自分でやると時間がかかってしまうので、お任せです~。

No title

ご自分でシステム構築されるんですね~。
凄いな~。ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんばんは。
ウチは弥生会計と達人という組み合わせなので会計システム業者のサポートというのは一切ありません(汗)
その分、コストはかかりませんが自力で対応しなければならない領域がかなり広い(というかほとんど全て)です(滝汗)
私はそこそこITの知識があるのでそれほど困らない(むしろ楽しんでいる...)のですが、IT知識が無い場合はやはりシステム会社のサポートが必要ですよね。
そういう部分で専用機ベンダーさんは存在感を示しているということなのでしょうか。
もっともソフトやハードのベンダーとシステム構築業者は分離したほうが品質管理上は良い部分もあります。

To 根岸さん

こんばんは。
自作システムからクラウドシステムへの移行というのは私のシステム管理者としての事務量軽減が目的だったりします。
ただし、商用ベースのパッケージングサービスを利用するとシステム利用料が結構するのでぶっちゃけ無料のサービスを組み合わせてという作戦になります。
無料サービスの組み合わせでもまずまずな機能だったりするのですが、無料サービスはボリュームの制約もありますからできることに限界はあります。

To しんめいさん

こんばんは。
開業当初はヒマだったので、本当に全部自作で会計システム業者が提供する顧客管理システムや販売管理システムをつくっちゃいました~
ただし、経年劣化への対応を考えると今後は既製品をうまく使うようにしないとと思っています。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。