スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算・申告のみ対応のお客さん

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税理士報酬を節約ために「記帳は自社で行い決算・申告のみを税理士に依頼する」ことを検討される経営者もたくさんいらっしゃると思います。

 ウチの事務所にも決算・申告のみの年イチ対応のお客さんはいらっしゃいますが、ごく少数にとどまっています。

 年イチ決算のお問い合わせはたくさんいただくのですが、何度かメールのやりとりをして実際に面接するまでに顧問契約を含めたお付き合いをいただくように方向転換いただくことがほとんどです。

 決算・申告のみ、年イチ対応の最大の問題は決算のクオリティです。

 決算というのは日々の記帳の集大成ですから記帳品質が良くないと良い決算はできません。

 良い決算とは利益の多寡ではなく、経営活動の結果を正しく反映しているのかということで、会社の財務状況を正しく表しているのかということです。

 税理士の仕事としては帳簿の内容を関知せずに決算書や申告書を作成するだけなら報酬は少なくても割の良い仕事といえるかもしれません。

 しかし...

 いただいたデータでサクサクと決算書・申告書を作って終わり~というのは税理士としては相当の割り切りが必要になります。

 実際のところウチのお客さんで帳簿(原始仕訳)の内容が訪問の都度「問題なし」というのはごく少数です。

 ウチのお客さんは社歴が浅い会社が多いということもあるのかもしれませんが、年イチ対応を求めてくる会社の記帳品質がウチのお客さんより平均値として高いとも思えません。

 税理士にもいろいろな考えがあると思いますが、私は自計しているお客さんの会計データは全仕訳について原始仕訳から確認しないと気が済まない性格なので実際に全部の仕訳を自分の目で確認しています。

 そういう税理士がいきなり会計データや試算表をお預かりしてそのまま決算処理~など出来るハズがありません(汗)

 したがって、申告期限が迫っているような緊急事態においては決算・申告を最優先で対応するとして、翌期以降は顧問契約をお願いするということになります。

 もちろん、税理士が定期的に訪問(最近はお客さんが事務所にいらっしゃることも多くなりましたが...)することになりますから年イチ対応よりはコストは高くなります。

 それでも訪問頻度を隔月や3カ月に1度程度に抑えることで顧問報酬を多少低く抑えることはできます。

 年間数回のチェックで会計帳簿の品質は格段に向上します。

 ちなみに個人(所得税)のお客さんは年イチ対応も積極的に行っております。

 なぜなら...
 
 個人と法人ではチェックする量が違うからです。

 同様の理由で顧問報酬も個人事業はお安くなります。

 税理士も商売ですから割切りも大切なのかもしれませんが...

 お客さんにも最善の選択をいただきたいと思うとどうしてもアレですね~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
私も割り切れないクチでして…、現在法人の年一関与はありませんが、確申期も法人さんについては通常通りの訪問ですので、個人事業の年一があまり多くなるとツライというのが本音です。
ある程度の頻度の打合せ・チェックが有益なことを地道に訴えていくしかないでしょうね。
ポチッ。


To 税理士いとうさん

おはようございます。
ウチの事務所の場合、確申期は税理士会の無料相談や青色申告会相談員などかなり身柄を拘束される上に自分のお客さん(所得税)を対応するので法人顧客には無理を申し上げて2月~3月の訪問は極力減らさせていただいております。
その分1月下旬と3月下旬に訪問予定が集中するのでやはり12月~3月は色々な意味できついですね(汗)
個人のお客さんは年イチがほとんどなのですが規模によっては顧問契約をお願いしないといけないこともありますね。

No title

おはようございます。
法人で年一決算を受ける場合は、決算間際で税理士が決まっていない場合などですね。なので初回のみです。
単純に取引量が少ないから・・というのは今のところはお受けしていません(年4回とかにしてもらっています)。
やはり決算期を過ぎてから、まとめて資料をお預かりしても、節税やら消費税の届け出やら間に合いませんので~

To 根岸さん

こんにちは。
我々のような1人事務所を指向する税理士はそもそも職人肌なので年イチ対応が肌に合わないようですね~
初回申告は仕方がないにしてもその後は定期的な訪問(顧問契約)というのはウチも同様ですし、結果的にお客さんもその方がメリットが大きいと思います。
もっとも、年イチ決算を積極的に対応する事務所さんも世の中には必要ですからね~
事務所を大きくするには年イチ対応も積極的にしないとアレなのかもしれませんけど(笑)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。