スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務調査の対応にマニュアルなんてありません

 千葉市の税理士ふくやまです。

 9月の声を聞きますと税務調査も本格的になってきます。

 私もほんの短い期間でしたが税務署で調査担当の統括官経験がありますので9月~10月は特にヒヤヒヤしていたりします(汗)

 なぜ9~10月はヒヤヒヤするのか?

 税務調査は12月末までに完了するスケジュールで運営しています。

 1月からは税務業界は確定申告モード全開になりますから当然のことです。

 つまりは気合の入った事案については9月から遅くても10月に着手しないと年末までに調査終了できなくなります。

 もちろん11月以降も調査着手はありますが、それは色々とアレな世界の話しでしょうからソレとして...

 ところで...

 私も一応は国税OBの税理士なのですが...

 「元国税調査官が語る税務調査の〇〇~」というような書籍やセミナーなどが結構あることに少々ビックリしました(汗)

 さらにもっとびっくりしたのはですね...

 そういう本を書いている方々はせいぜい国税調査官の経験がある程度だったりすることです(汗)

 恥ずかしながら霞が関で16年間ばかり働いた人間から言わせると、署や局の調査官を数年経験しただけでどうして国税組織の莫大な事務運営に係る知識を得られたのかが不思議で仕方ありません...

 ということで...

 何冊かですが、ちょっと本屋で立ち読みしてみました~

 正直に申し上げると実務書というよりは小説というか随筆というかそういう読み物のようです。

 我々元公務員には退職してもなお守秘義務がありまして(汗)

 業務上知り得た秘密は遺漏してはならないことになっています。

 そういった観点から彼の書籍は守秘義務違反している訳ではないようでそこは同じOBとして少々安心した次第です(笑)

 マジメな話をすれば、税務調査の調査選定の大きな仕組みやロジカルな部分は税務職員でも知っている(理解している)者はごく少数だと思います。

 事務運営やシステム仕様などのハンパない量の知識が集結されています。

 したがって、普通の税理士や納税者がそのすべてを知りうる機会はありませんし仮に知ったとしても対策を講じることは事実上不可能だと思っています。

 つまりは税務調査に確立した対応マニュアルは存在しえないということになります。

 だからと言って無手勝流で良いのかといえばそうではありません。

 税務署殿がなにを考えているのかを個々の事情から推測することは重要ですし、調査に限ったことではありませんが交渉事には論点整理の能力は重要です。

 こういった能力は税理士の総合的な能力と言っていい訳で、税理士を選ぶ際にことさら「調査に強い税理士」という観点で選ぶ必要はなく、経営者と税理士が会話する中で「頭の良い税理士」だとか「こちらのことを良く理解している税理士」というような印象で選ばれるのがよろしいのではと思ったりします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
税務調査に強い税理士ってやはり国税出身の税理士さんなのかなぁと思っていましたが、そうとも言えないのですね。
ということは、税務調査のない税理士事務所なんて宣伝も信用しきれないということ…。
偽りではないのかもしれませんが、そういった謳い文句は税務行政や税理士業界が正しく理解されない危険性を孕んでいる気がします。
ポチッ。

No title

こんばんは。
税務調査に強い税理士は、国税出身の税理士さんだと思っていたのですがそうとも言えないのですね。
ということは、税務調査のない税理士事務所というのも信用しきれないということ。
全てが偽りではないのかもしれませんが、こういった謳い文句は税務行政や税理士業界に誤解を抱かせてしまう危険性を孕んでいる気がします。
ポチッ。

No title

すみませ~ん。
2回もコメント送ってしまいました(汗)
原因は???一通目を送った際に送付していないと思い、再度…。
ポチッも2回。ほんの残暑に向けた贈り物ということでご勘弁ください~(謝)

To 税理士いとうさん

こんばんは。
何度もコメントいただきありがとうございます(笑)
絶対に調査対象にならない方法があるのなら私も教えて欲しいですね~
逆説的に言えば、節税というにはコンプライアンスを侵すリスクをコントロールすることに他なりませんから...
法令遵守とはいえしっかりと節税をするとなれば税務調査のリスクは必ず負うことになります。
全く調査の無い税理士とは...
リスクを極端に避ける税理士なのかもしれませんね~
お客さんにとってそれが良いことなのかはノーコメントですね(笑)

No title

俺なら、

「ライン引くんじゃねーよ、マーカー引くんじゃねーよ。」

「コピー機勝手に使ってんじゃねーよ、コピー機持ってこいや。」

「税務調査の日にち勝手に決めてんじゃねーよ。」

「税務調査期長いよ、短くしろ。」

「資料勝手に持っていくんじゃねーよ。」

ってキレるけどな!

No title

自民党政権から民主党に変わって裁判に勝てるようになってきたけど、まだまだオカシナ判決あるよ。

国税さん、まだ脱税だと判決が出てないのに、勝手に資料作るの止めってもらってイイ?

No title

税務調査だけでなく、資産税でも多くね?

笹岡宏保とか本郷尚とかのセミナーなんてただ高いだけ。
書籍読めば充分!

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。