スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続税対策のアレコレ

 千葉市の税理士ふくやまです。

 税金のなかでも金額的に破壊力満点なのはやはり相続税だと思います。

 法人税や所得税は期中の利益(所得)に対して課税されるのですが、相続税は相続発生時の遺産額に対して課税されます。

 利益に対する課税というのは、計算上は儲かっている訳ですから納税する資金も一応はあることになります(実際にはなかなかそうはいきませんが...)。

 ところが相続税は現ナマがあろうが無かろうが~換金性の低い財産ばかりの相続であろうが、財産の大きさに比例して課税されます。

 これはかなり厳しいというかツライ場合があります...

 そこで相続税をなんとか軽減できないのかとアレコレと考えるのが相続税対策ということになります。

 ここでご理解いただきたいのは...

 相続税を節税するといっても様々な方法論がありますし、その取捨選択は一長一短であることが多いということです。

 相続財産の内容は不動産が中心か流動資産が中心か?

 事業承継はあるのか?

 相続人となるべき方々の人間関係?

 リスクに対する耐性はあるのか?

 相続までの時間的猶予はどの程度なのか?

 他にもたくさんモヤモヤしますが、私の場合具体的な対策を考える前に人間関係ですとか事業を取巻く環境などをネチネチとしつこくリサーチします。

 財産は全て大切ですが、とりわけ死守すべきものはあるのか?

 また、相続税を節税するためには他の税金やその他コストを投下することで実現する手法もあったりします。

 こういう手法を採用する場合にはいろいろなリスクがありますが、そのリスクに耐えられるのかということも大事だったりします。

 リスクというくらいですから不測の事態で思惑通りにいかずに結果的にコスト倒れとなることもあるわけですが、それでも行きますか?という覚悟ですね。

 相続税の納税資金確保と言う問題も避けては通れません。 

 いずれにしても相続税対策の肝はできるだけ早い時期のプランニングであることは間違いありません。

 いつも書いていることですが相続発生後にできる相続税対策はそれほど多くはありません。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
顧問先社長さんのお父さんが財産を持っているような場合、相続対策といっても本人がまだまだ元気ですと、そういう話を切り出すのは難しいですね~。
息子である社長さんはにとっては相続による納税が心配ですが・・。
金融資産が少なく不動産が多い場合、対策は必須なんですけどねー。

No title

こんばんは。
相続対策って税理士の総合力が試される部分であると同時に、民法の知識も必須ですし、何より人としての総合力も必須となる気がします。
理屈の上で相続税の負担が少なくなるという結果がベストとならないなんてことも…。人の想いにも十分配慮する必要がありますので。
ポチッ。

No title

五反田の池田山に有った
歴史的建造物に指定すべき洋館の
皇后陛下のご実家が
相続税のために売却されて公園になりました。

税金を何処から取るかの問題は別にして
相続税のために貴重な文化財が消えてゆく
事実があります。

税法の大きな枠組みの中で何とかしたい点だと
思っています。

To 根岸さん

おはようございます。
確かに社長がバリバリの場合は相続の話はなかなかアレですよね(汗)
多少、変化球でも関連する話題から導入するような作戦になるのでしょうか...
本当に重要な話なんですけどね...

To 税理士いとうさん

おはようございます。
おっしゃるとおりで必ずしも節税が第一ということでは無い場合が多いですね。
もっともそのような判断をいただくためにも可能な限り多くの正確な情報を提供いたいものです。

To 間取作造さん

おはようございます。
旧正田邸の件は地方自治体が保存を検討していたところ相続人方から物納という意思表示があったやに記憶しています。
そもそも相続税という法律がある場合は完全な資産の世代間移転は不可能なわけでして...
実のところ相続税のようなものが無い国はたくさんあります。

難しい問題ですね〜

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。