スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての会計ソフト

 千葉市の税理士ふくやまです。

 なにを今さらと言われそうですが...

 世の中の会社という会社にはパソコンの1台や2台は必ずありますし、表計算ソフトなどを利用して請求書や納品書を作成したりとそれなりに活用もされています。

 それでも...

 会計ソフトとなると結構な割合でドン引きされることが多いように感じます(汗)

 このブログをご覧いただいている方にも「そうそう~」とうなずいている方がいらっしゃるかもしれません(滝汗)

 会計ソフトはデータベースソフトの一種ですから操作事態は表計算ソフトなどとそれほど変わることはありません。

 しかし...

 会計ソフトにデータを入力するには簿記の知識が必要だったりします。

 簿記...

 そう簿記です...

 借方・借方の簿記です(くどいか...)

 最近の会計ソフトは大変UI(ユーザーインターフェイス)が向上しておりますから、借方・貸方を意識しないで会計ソフトの入力ができるように設計してあったりもするのですが、実際には簿記の知識がないと正しく入力することは難しかったりします。

 ここが大変悩ましい問題で...

 おそらく税理士の中でも見解が分かれるところだと思うのですが、とにかく簡単な入力画面を使って入力してもらうことに注力するのか、ガチンコで帳簿・伝票を意識した入力を理解していただくことに注力するのか?

 ウチの事務所の場合ははっきりと後者だったりします。

 やはり会計データは正確性が最重要で正確性を担保するためにはデータ入力の際に帳簿をイメージしながら仕訳を行う必要があると思っています。

 簡単な入力方法と本格的な入力方法で得られる結果が同じであれば入力のプロである税理士も簡単な入力方法を採用しますよね~

 プロが採用する方法というのは一見難易度が高そうに思えても実際には効率が一番良いからその方法を採用しているということです。

 会社の記帳は長期間に渡り行うことになりますから、最初にちょっと苦労しても税理士と同じ入力方法を採用した方が結果的に効率が良いと思います。

 急がば回れということでしょうか~

 もちろんですが、簿記の知識(借方・貸方の仕組みや損益と貸借の違いなど)も少しずつ理解していただきたいと思います。

 そうすると試算表の内容もよく解るようになります。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

簿記ですよね…
耳が痛いです。^^;

十数年前に学んだ記憶はあるのですが、
机上の空論といいますか身になっておりません。

まずは自分の記帳からやってみます。e-446

To くるぶしさん

こんばんは。
会計ソフトを使いこなすのに必要な簿記の知識は3級未満のレベルで十分だと思います。
ですから簿記の知識が全くない人以外は問題無いはずなんですけどね~
要するに食わず嫌い的な部分もあるのかもしれません。
自分の記帳を自分で行うのは大変良いことだと思います。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。