スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い人の生命保険の好み

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は一応、マジメな保険代理店という一面もございまして(汗)

 月に1度はアヒルのマークの代理店会議に参加しています。

 ほとんどが退屈な話なのですが興味深い話も聞くことができますし代理店仲間の皆さんのご機嫌伺いも楽しみだったりするので極力都合をつけるようにしています。

 最近は生命保険業界全体で医療保険(特に緩和型医療~持病のある人でもOKというもの)の販売が好調らしいです。

 一方でがん保険の加入率が低下傾向にあるとのこと。

 特に20代~40代の比較的若い世代にがん保険離れが進んでいるようです。

 生命保険の提案に絶対的な正解というのはないのですが...

 給料も今イチ増えない中で貯蓄もままならない世の中(汗)

 死亡時の保障も大切ですけどまずは生きていくための保障というものを良く考えないといけないのではと真剣に思っています。

 がん保険は文字通り「がん」のみを対象とした保険です。

 通常の医療保険より対象となる疾病は極端に狭いです。

 しかし「がん」になった時の療養費負担や収入の減少など経済的影響は普通の病気とはレベルが違います。

 残念ながら通常の医療保険で補えるようなものではありません。

 生命保険は保障ですから健康であり続ければ保険料は掛捨てだったりします。

 しかし、そもそも通常の生命保険は保険であって貯金ではありません。

 各種保障と資産形成をトータルで考えてみるのことも必要ですね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
死亡保険は年齢と共に減らすもの、ガン保険はしっかり備えるもの、通常の医療保険は卒業するものと考えてます。
勿論、全て掛捨てです。
保険は、手許の資金で賄えないリスクに備えるものというスタンスですので…。
ウチの奥さんにとって良いことかどうかは分かりませんが…(笑)
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんばんは。

>保険は、手許の資金で賄えないリスクに備えるものというスタンス

本当にそのとおりだと思います。

「俺は死んだら〇千万円~」というのはちょっとアレですね。

他にも経営者の場合は融資残高や会社維持費(清算費用)などの保障も必要ではありますがそれは事業上の経費ですからね~

事業上の経費といえば...

税賠も結構な負担ですね(汗)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。