スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期点検の予約をしました

 千葉市の税理士ふくやまです。

 今日も早朝より房総半島中心部をドライブ(というお客さん訪問)してきました。

 日々の移動手段である自動車ですが、現在の愛車は9年目のご老体...

 それでも屋根付車庫で保管しているので外装はまだまだきれいですし、故障らしい故障もまったくありません。

 日本車は本当に丈夫で長持ちです。

 以前はイタリア車(V型8気筒のアレです...)に乗っていたのですが夏場は夜しか走れないほど熱に弱く2年に1度はタイミングベルトを交換するなどメンテナンス費用もかかり、おまけに月に1度は入院治療が必要だったりと今にして思うと超ドMなクルマライフを送っていました。

 エンジンがかかるだけでほっとする車ってやはりアレです...

 結婚と同時にクルマも国産車に乗り換えたのですが、世界のト〇タ車ですからメンテナンスも定期点検以外は皆無~

 それでもディーラーの定期点検は欠かさずに受けています。

 房総半島周遊の旅の帰りにディーラーさんに立ち寄り定期点検の予約をしてきました。

 来年の4月が車検ですがもしかするとこれが最後の定期点検かもしれません...

 ディーラーさんも心得たもので...

 現在の愛車の後継車種(すでにモデルチェンジ2回~)のカタログをススっ~と差し出され(汗)

 デフレだというのにクルマのお値段はインフレしていました(滝汗)

 中古のワンルームマンションが買えるじゃないですか~

 もっともハイブリットシステムなどが付加されているのでその分といえばそうなのですが...

 ちなみにウチの事務所は償却資産(車輌運搬具)はありません。

 ガソリン代などの車輌費を事業割合分だけ経費に算入しています。

 新車を購入する際には当然、償却資産として計上するのですが...

 家事按分するのがどうにも面倒です(汗)

 いっそのこと法人でも設立してしまおうかとも...

 自分で全部やれば合同会社で登録免許税6万円のみ~

 保険代理店だけを法人化(売上高は超ささやか~)すれば車輌購入で消費税も...

 いえ...

 独り言(妄想)です~

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
イタ車+V8…???
私も独身サラリーマン時代に某欧州車に乗っていたのですが、勤務先を出て直ぐにクーラントが壊れ、夜遅かったのでやかんに水を入れてクーラントに補給をしつつ何とか帰宅なんてこともありました。私も結構なMかも…。
この業界に入ってからは、おとなしく国産車。
何はともあれ、安心感は抜群ですね。
でも時々、Mの本性が疼くことも…。
ポチッ!

No title

それでも乗りたいイタ車というのはやっぱりアレですね。
私はMではないので独車にとどまりましたが

日本で社会生活を営んでゆくには
イタ車はちょっと、、、
ですね。

私はスウェーデン車でした

ふくやま先生

先生はイタ車でしたか・・・。
私は数年前10万円でボ〇ボ850という車を買い、内房に釣りに
ちょくちょく行ってました。

とても手間のかかる車でした。故障、消耗品の交換、燃費の
悪さ、走行中の計器類の点滅・・・。爆発するんじゃないかと
ヒヤヒヤしながらのカーライフでした。

財布も命もモタナイと思い、車検を通すことなく処分しました。
やはり国産、トヨ〇車がいいです。

To 税理士いとうさん

こんばんは。

私の場合、結婚の条件が「クルマを処分すること~」だったりしました(汗)

独身時代に出先で車が故障してJAFのお世話になり...

私はレッカーでクルマ屋へ~

嫁さん(当時は彼女)は独りで電車で帰宅(汗)

ということも1度や2度ではありませんでした(滝汗)

その後初めてト〇タ車に乗ることになったのですが、まったく故障しないことに衝撃を受けました(笑)

それからはラテン車には興味を持たないようにしているのですが、なんと嫁さんがFIAT500を欲しいと(汗)

私は「壊れるよ~」と言っているのですが、どうも最近は壊れないらしいという噂も(笑)

ちょっとだけ悩ましい思いに浸っています~

To 間取作造さん

こんばんは。

イタ車は実用性を無視すれば楽しいのですが...

ドイツ車に乗られている方がイタ・フラ系(ラテン車)に乗ると車の柔らかさに驚かれると思います。

最近はラテン車のクセも薄まったようですが...

1990年ごろまでのイタ車はとにかくゴムが弱くて、エンジンルームのゴムというゴムは最終的には溶けるか切れるか裂けるか(汗)

今思い出してもドMな日々を送っておりました(笑)

To 10万円山田さん

こんばんは。
私のイメージだとボルボは壊れないクルマなのですが(汗)
それでも欧州車は部品の供給と価格に難がありますから古い車を維持するのは大変だと思います。
やはり日本の自動車環境を一番理解しているのは日本車メーカーですしメンテナンスサービスを考えれば国産車の実用性は外車と比べてはいけませんね(笑)
趣味の定義は「無駄」だそうですから...
クルマが趣味の場合は「そんなの関係ねぇ~」となるのでしょうね~

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。