スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険代理店として思うこと

 千葉市の税理士ふくやまです。

 ウチの事務所は税理士事務所と生命保険代理店を兼業しています。

 また、税理士事務所には珍しくアヒルマークの生命保険会社専業(千葉ではウチだけだと思います。)だったりします。

 税理士事務所が生命保険代理店を兼業する場合ほとんどは国内D生命はN生命の代理店になると思うのですが、ウチの事務所は税理士登録前に生命保険代理店を開業していますので税理士業界の慣習にはとらわれずに自分で奨めたい保険商品を扱っている保険会社と代理店契約を結びました。

 ところで...

 税理士が生命保険を取り扱うことは珍しいことではありませんが、プランニングから契約業務及び保全業務まで全て自力でこなすケースは結構珍しいようです。

 ウチの事務所は一般代理店として生命保険会社と契約しているのでその点は例えば来店型の保険ショップと全く同じ機能を持っていますし、実際に同じ仕事をしています。

 来店型保険ショップと異なるのは...

 取扱保険会社の数ということになります(ウチはアヒル専業~来店型ショップは通常は乗合と言って複数の保険会社の代理店になっています)。

 ウチの事務所はアヒル専業の生命保険代理店ですから保険商品はアヒル印に限られます。

 アヒル印の保険商品は個人向けの生命保険としては結構素敵な商品が多いのですが、税理士に期待される節税面(法人向け商品)では他社商品と比べるとちょっと見劣りするところがあったりします。

 仮にお客さん(この場合税務顧問先ですね~)に最適な商品がアヒル印以外にある場合はこれまた顧問先に乗合代理店があったりしますのでそちらにご紹介となります(汗)

 ウチの事務所にとっては保険代理店収入より顧問先の利益の方が重要ですから。

 そういった総合提案力を考えると、複数の保険会社の商品を提案できる乗合代理店は掛け値なしに強みだと思います。

 実際に乗合代理店も「多くの保険商品から中立的に提案~」と宣伝していますし。

 ところで...

 生命保険代理店は保険契約をいただくと代理店手数料が得られます。

 これは商売ですから当たり前のことなのですが、同じような保険商品でも保険会社によって手数料の金額に差があり、乗合代理店は中立性を謳ってはいるが実際は手数料率の高い商品を積極的に提案しているのではというようなことが経済紙で記事になったりしています。

 記事の真偽は不明ですが...

 実際に生命保険のプランニングをしてみますとお客さん個々の事情や価値観など十人十色で提案の善し悪しを画一的に評価することはできません。

 生命保険は保障と資金運用と資産形成がミックスされているので完全オーダーメイドですから...

 ついでに言えば、生命保険は同じ商品であればどこと契約しても保険料は同じということです。

 代理店手数料が多かろうが少なかろうがその商品を契約する以上は契約窓口がどこであろうとお客さんにそのこと自体が不利益になることはありません。

 したがって...

 お客さんとしては代理店の手数料のことを気にするより本当に自分に合った保険のプランニングをしてくれるのかということが重要です。

 つまりは、信頼できるプランナーを選ぶことが最重要で、それがたまたま専属代理店であっても乗合代理店であっても生保会社の外交員であってもそこはどうでもよい事のように思います。

 仮に来店型保険ショップで保険の提案を受けて「手数料の良い商品を提案しているのかも...」と疑念を持つようであれば複数のショップで提案をとって比較するのも方法だと思います。

 それでも商品選択の最終責任は契約者が負うわけですし、生命保険というのは実に奥が深いところもあります。

 税理士も生命保険代理店も突き詰めると信頼関係ということだと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

プランニングから締結までされるんですか~。
お客様にとって本当に必要な商品をプランニングされているのでしょうね。
ポチッ!

To しんめいさん

おはようございます。
後で知ったことですが...
税理士が普通の保険代理店のような諸々の業務を行うことは珍しいらしいです(汗)
ウチは一般代理店なので生保会社も全く特別扱いしてくれませんし(笑)
そういう代理店の上に、お客さんは税務顧問先が中心なので保障設計などもかなりシビアになります。
「保険を売りたがらない保険屋」ですね(滝汗)

No title

おはようございます。
売り手側の説明責任は生命保険に限ったことではないのですが、生命保険のご相談を受ける中で、買い手側もきちんと理解したうえで加入することの必要性を感じます。
中には構造の難しい商品もありますが、ご自身にとって都合の良い部分だけをクローズアップして加入してしまうと後で苦労します。
おっしゃる通り、残念ながら最後は加入者責任ですので…。
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんばんは。
生命保険のプランニングは本当に難しいですね。
しかも税理士の場合は契約後も毎月お会いすることがほとんどなので、一層プレッシャーがかかります(汗)
ウチの場合はあくまで税理士業務に付加価値を付けることが目的ですから他社に最適な商品があればこれまた顧問先の乗合代理店をご紹介となります。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。