スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士による記帳代行を考える

 千葉市の税理士ふくやまです。

 小規模事業者に特化したスタイルで活動しているウチの事務所にとって、税理士事務所による記帳代行サービスというのは色々な意味で常に考えさせられます。

 当然のことながら自社の帳簿は自社で記帳した方が良いに決まっています。

 自社で記帳することでリアルタイムに会社の状態が把握できますし、お小遣い帳や家計簿を付けるのと同様に帳簿を付けることで無駄を見つけることもできます。

 つまりは会社を手の中にしっかりと収めることができるというところでしょうか...

 しかし...

 帳簿というのは適正かつ正確に記帳しなければなりません(汗)

 もっと言えば会計ルールに反した帳簿やいいかげんな帳簿は存在するだけで悪影響を及ぼします。

 社内に簿記・会計に明るい経理担当者がいれば良いのですが、小規模事業者の記帳担当者の多くは社長自ら、又は家族(配偶者等)です。

 世の中の社長さんが全て簿記に詳しくてコツコツと記帳することが苦にならないのであれば良いのですが...

 実際にはそういうケースはごく稀だと思います(滝汗)

 一方で税理士事務所による記帳代行というものを考えてみると...

 税理士が会社を訪問するのは原則月イチです。

 記帳タイミングも月イチになりますし、そもそも記帳は資料をお預かりして事務所でというのが普通ですから社長さんが帳簿を確認できるのは翌月の訪問時(お急ぎの場合はメール等で残高試算表を送付しますけど...)になります。

 自社での記帳に比較して2カ月程度のタイムラグが生じます(汗)

 しかし...

 税理士が全て記帳することで帳簿の正確性(品質)は格段に向上します。

 実際のところ、ウチの事務所は記帳代行をお引受しない方針でスタートしたのですが数カ月で方針変更して記帳代行をお引受するようにしました。

 ウチの報酬体系では記帳代行料はオプション(別途料金)になるので、記帳代行の有無で報酬は明確に変わります(年間12万円以上違います)。

 事務所の収入だけを比べると記帳代行は増収になるのでおいしい仕事のように見えたりもしますが...

 実際には記帳代行の労務コストは記帳代行による増収と拮抗しているのでウチの事務所に関しては記帳代行業務自体はまったくおいしくないお仕事ということになります...

 が...

 自社による記帳(自計化といいます)という理想論はともかく実際にヨレヨレな帳簿を毎月チェック修正して記帳品質を向上させる取り組みというのにも限界があるのも事実でして(汗)

 リアルに会社(お客さん)の利益につながるのは本当に自計推進なのか...

 会社が大きくなって経理担当を雇えるようになるまでは記帳代行の方が会計品質が高く決算・申告も安心できるということも事実といえばそのとおりですし...

 世の中の流れはともかくとして、やはりウチの事務所の顧客層(数名規模の小規模法人)では自計化を考えずに記帳代行というのもアリなのかなと思ったりします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
お客さんが1人社長で社員がいない場合は、ウチで記帳代行。
奥様とか社員さんとかいれば自計化、のパターンが多いかもしれません。
帳簿も大事ですが、創業期は事業を軌道に乗せるのが先決・・まあお客さんに希望にもよりますけどね~

No title

こんばんは。
現実問題、ある程度の規模までは記帳代行も致し方ないと思っています。
あくまでも過渡期としてですが…。
自計化があるべき姿であることは間違いないのでしょうが、理想と現実との摺り合せも時と場合によっては必要ではと思ったりします。
ポチッ!

No title

規模・人員等によるんですね~。
ポチッ!

To 根岸さん

おはようございます。
>事業を軌道に乗せることが先決
そのとおりですね〜

To 税理士いとうさん

おはようございます。

最近は自計化が絶対だと思えなくなってきましたが...

相変わらず記帳代行は税理士事務所の仕事ではないとも思っています。

特にウチのような税理士対応型の事務所は労務コストが高いので(汗)

To しんめいさん

おはようございます。
社長1名の会社ですとか...
自分で記帳してくれ〜とはなかなか難しいですね...
簿記に詳しい社長さんなら全く問題ないのですが...

No title

事業をやっている頃は
TKCのシステムで記帳していました。

事業を始めてから記帳作業を教えていただいたのですが
帳簿をつけることによって
経理の事を少しづつ覚えて言ったように思います。

それは経営を客観的に見る機会でもあり
重要な経験でした。

肉体労働でへとへとで1日30分の時間すら取れないのであれば別ですが
やりくりして自計化する事によって売るものは大きいです。

将来スタッフに記帳させるときにも
社長はわからないから聞いてもしょうがない
と言われるようでは仕方ないと思います。


応援ポチ

To 間取作造さん

こんにちは。
確かにおっしゃるとおりですね。
おっしゃるとおりなのですが、現実はなかなかそういう訳にもいかないことが多かったりします(汗)
未来の繁栄を願いつつも現在を生き抜かなければなりませんし...
個々の問題になると難しいものです。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。