スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末調整と配偶者控除

 千葉市の税理士ふくやまです。

 年末といえば...

 税理士業界は年末調整というイベントがあります(汗)

 年間に支給した給与と徴収した源泉所得税をベースに従業員から申告してもらう、配偶者(特別)控除や各種控除額より年間所得税額を算出して税額を精算する...

 難しい仕事というよりは資料がなかなかそろわないので思ったように進まないという意味で厳しい仕事だったりします(汗)

 原則は12月支給の給与や賞与(暦年の最終支給給与等)で年末調整を行いますので、やはり期限というものがあったりします(滝汗)

 ところで...

 よく、「扶養(配偶者)控除の範囲で収入を調整~」ということを聞きますが...

 給与所得の計算が支給日ベースだということを知らずに勤務時間等の調整を失敗するケースが意外とあるんですね(汗)

 平成24年分の給与所得とは平成24年1月1日~12月31日の間に支給を受けた金額から算出します。

 例えば月末締めの翌月末払いのような場合、12月分給与の支払は翌年の1月だったりします。

 したがって昨年の12月分給与を今年の1月に支給された場合は今年の収入(所得)になります。

 もちろん会社から発行される給与所得の源泉徴収票は支給日ベースで作成されますので、勘違いしている方は「支給額が違う~」となるわけです。

 会計帳簿は発生主義(権利確定主義)というのが基本なので、会社の帳簿上は12月の給与は12月の経費(未払金)になるのですが...

 給与所得の計算は現金主義でございます(汗)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
ついに地獄のロード開始ですね。
税理士の仕事は納税者の方々から資料やデータをご用意していただくことで成り立ちますので、気は焦るものの、最終的には納税者の方々のご協力次第…。
どうなる事やら…デス。
ポチッ!

No title

配偶者控除。懐かしい~。
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんにちは。
ウチの事務所は年末調整の年越しはないので特にスケジュールは厳しいです。
しかし、年末調整が遅れるとその後の手続きも全て遅れますから...
最初が肝心ですね。

To しんめいさん

こんにちは。
なんとコメントしてよいのやら(汗)
「またいかがですか?」と安直におすすめもできませんし(滝汗)

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。