スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青色事業専従者給与と配偶者控除

 千葉市の税理士ふくやまです。

 青色申告の個人事業者で家族従業員がいる場合は事前に届出書を提出することで「青色事業専従者給与」を支給することができます。

 青色事業専従者給与といっても支給を受ける方は給与所得ですから年間103万円以下であれば専従者に所得税は課税されません。

 ところが...

 所得税が課税されないといっても青色事業専従者の場合は配偶者控除や扶養控除の対象にはなりません(汗)

 何年も青色申告で専従者給与の支給をしている事業者さんにとっては常識ではありますが...

 初めて青色事業専従者給与を支給するような場合は意外と盲点だったりします(滝汗)

 例えば...

 11月に新規開業して青色申告にした場合など、奥さんに専従者給与を2か月で16万円支給したとします。

 それまで奥さんはパートで80万円ほどの収入があったとしても合計収入は96万円です。

 もちろん奥さんに所得税はかかりませんけれども控除対象配偶者にはなりません...

 専従者給与16万円で配偶者控除38万円...

 これが法人であれば問題なく控除対象配偶者になるのですが(汗)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
無料相談などでよくあるパターンですね。
過年度の申告書を確認すると、「専従者給与+配偶者控除」だったり「配偶者控除+配偶者特別控除」だったりします・・。
税務署に申告書を提出=申告内容OKではないのですが・・税務調査では、当然に修正項目ですね~
というわけで、今年もよろしくお願いします。

To 根岸さん

おはようございます。
税理士のみならず、確定申告経験が豊富な納税者なら当然のことですが、何事にも初心者というものは存在するので...
知らずに間違えても許してもらえないのが税務申告だったりしますので(汗)
今年もよろしくお願いいたします。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。