スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指を折って数えるといつも間違える

 千葉市の税理士ふくやまです。

 新設法人や納税地移転や事業所の新設など、住民税の均等割額が月割按分されることがあります。

 ウチの事務所で使用している申告ソフトはこの月数を手入力する仕様になっているのですが...

 この月数の計算を間違えることがあります(汗)

 もちろん間違えると地方税の納税額が変動しますから笑い話にもなりません(滝汗)

 でも...

 この月数の計算を確実に行おうと指を折って数えるのですが、1年に1回程度の頻度で間違えます...

 余計に指を折ってしまい1カ月分納税額が多くなったり、反対に1か月分納税額が不足したり...

 これまた市役所や県税事務所の担当者様からお電話をいただき、訂正処理で済んでしまったりすることがほとんどなのですがそれで良い訳がありません(汗)

 自分のミスを棚に上げて改善策を考えてみると...

 申告ソフトには事業年度の「自~至」を入力しているのですから、そもそも均等割額などは自動計算可能なのではないのかと思ったりします。

 事業所登録もシステムでしていますし...

 噂では自動計算している税務申告ソフトもあるやに(汗)

 ややこしい計算は間違えたりすることはない(気付かないだけ?)のですが単純な計算ほど間違えやすいのはど~してなのでしょうか?

 事務員のチェックは税理士が行うのですが、1人税理士事務所の場合は税理士のチェックは誰もしてくれません(涙)

 反省しつつも、某システム会社へシステム改善要望を提出してみたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では事務所スタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
試しにウチのソフトでやってみたところ、地方税も国税の別表一、別表十五も連動していました~(ホッ)
確かに一人税理士事務所の税理士本人のチェックは誰もしてくれないだけに他所事をせずに集中する必要がありますね~。
そんな時に限ってデンワが鳴ったりするのですが…(汗)
ポチッ!

To 税理士いとうさん

おはようございます。
ウチのソフトも別表関係は問題ないのですが地方税(六号&二十号)が月数を手入力する仕様なんですよね~
指を折って数えるのですが...
3年間で2回間違えました(汗)

No title

その気持ちわかります。

指で数えるときは、2回、3回、そして翌日にもう1回数えたりします。チェックしてもチェックしきれません(悲)



ネギらーめんさんも言っていましたが、誰かに申告書をチェックしてほしいです。自分で作ったものを自分でチェックする。そもそも、間違っていても気が付かないままのものもあるのかもしれません。

To Gucci55さん

こんばんは。
1人事務所の税理士は全員同じ思いなのでは...
自分の仕事のチェックを自分でやるというのはよく考えれば同じ考え方で2度眺めるだけになりかねません(汗)
それでも1人事務所にも強みがありますので、ポジティブに強みを生かすことを考えていくだけですね〜

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。