スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚卸は大変ですが...

 千葉市の税理士ふくやまです。

 去年の今頃も同じようなことを書いたのですが...

 決算期の作業は税理士も色々とやることがあるのですが、経営者もやることがたくさんあります。

 自社で記帳している場合はもちろんのこと、税理士事務所で記帳代行をしている場合でも各種残高の確認や棚卸など...

 棚卸ですね(汗)

 棚卸といっても商品在庫や貯蔵品に仕掛品(仕掛工事)など業種業態によっていろいろとあります。

 商品販売業の場合は在庫の棚卸をしなければなりませんから、特に大変ですが、その他の業種の場合でもそれなりの作業が必要になりますから楽ではありません。

 棚卸は面倒ですが、正確な情報を把握しないと売上(製造)原価に大きな影響を与えてしまいます。

 実際には棚卸で利益調整というのは連年で考えると破綻しますが、短期的には利益調整の道具になりかねません。

 しかし、正確な棚卸を行った上で事前に棚卸の評価方法を検討しておけば決算の内容はガラリと変わることも事実です。

 特に第1期の棚卸は重要ですね~

 どうしてかといいますと...

 棚卸の評価方法の届出は第1期確定申告期限までに提出することになっています。

 最初の決算が決断の時だったりします。

 ちなみに税法では棚卸の評価は最終仕入原価法となっています。

 上場企業などは会計基準の関係から低価法を採用しています。

 その他にも「先入先出法」、「後入先出法」、「売価還元法」、「移動平均法」に「総平均法」など...

 それぞれ特性がありますので、顧問税理士とよく相談してくださいね。

 ちなみに税理士事務所は棚卸は行いません(大規模事務所は貯蔵品(元帳ファイル等?)などがあるかもしれません...)。

 自分は棚卸作業がないのにお客さんには棚卸をお願いする...

 決算とはいえ、大変ですがよろしくお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑
日々の励みになります。
応援のクリックをお願いします。

 相談無料~フレンドリーでおせっかいな税理士事務所です。
 HPはこちらから Facebookはこちらから 


 福山徹税理士事務所では税金について無料のメール相談を行っています。
 相談を希望される方はこちらの記事をご覧いただいた上でメールを送信をお願いします。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
以前サラリーマンの頃は、年に二回実地棚卸に駆り出されてましたから、
税理士事務所は棚卸がないことは有難いですね~。
確かにモノの棚卸はありませんが、一年に一回は自身の仕事の棚卸(反省)はしなければと思いつつ、今年は仕掛がちょっと増えそうです(笑)
ポチッ!

To 税理士いとうさん

こんにちは。
仕事の反省は年に1回では足りませんね(汗)
作業のミス
人間関係のミス
単純なミスから構造的な問題まで...
それでも前進していくのみだと思っています。

相互リンク

みんなの自動リンク集

福山徹税理士事務所

税理士ふくやま

Author:税理士ふくやま
東京都江東区の税理士です。
小規模企業経営者にとって信頼される相談相手を目指して日々精進しています。
濃厚なサービスを適切な価格で提供することを心がけています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
twitterはこちらから
tododc34をフォローしましょう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキングに参加中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ありがとうございます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。